2004年11月23日

睡眠不足は肥満のもと

睡眠時間が短い人ほど太る傾向が強く、最大で73%も肥満の危険が増す──。そんな研究結果を米コロンビア大のチームがまとめ、北米肥満学会で発表した。

米政府の健康栄養調査に参加した1万8千人(32〜59歳)のデータを分析。睡眠が7〜9時間の人に比べ、4時間以下しか眠らない人は73%も肥満の危険度が高かった。ソフィー5時間程度の人でも50%、6時間程度では23%、それぞれ太りやすかった。

睡眠不足だと、体内で食欲を抑える物質レプチンが減り、逆に、高める物質グレリンが増えるとされる。起きている時間が長ければ食べ物を口にする機会も多く、こうした体内状態が食べ物の摂取を促進するらしい。

起きている時間が長いと消費カロリーも多いものの、摂取が消費を上回る実態が、今回のデータから浮かび上がった。

研究チームは「生物は食物の豊富な夏季に栄養を蓄え、冬に備える。睡眠時間が短い人の体は、夜が短い夏を同様の状態が続くので太りやすい」と見ている。

─(朝日新聞 11/19)
posted by schazzie at 00:17| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

早く寝て心身ともに健康に
Excerpt:  A新聞1月25日付に、 「寝つきを調べてみました   体のリズム守り、夜ぐっすり」 という記事が掲載されました。  しかし慢性的に眠い私にしては、夜横になった途端眠ってしまうだけでなく、..
Weblog: SF KidなWeblog
Tracked: 2005-01-30 16:57
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。