2009年12月28日

コーマック・マッカーシーの本!

ブラッド・メリディアンブラッド・メリディアン
(2009/12/18)
コーマック・マッカーシー

商品詳細を見る


<内容紹介>

ノーベル文学賞最有力候補の代表作が待望の邦訳。

少年は、十四歳で家出し、物乞いや盗みで生計を立て各地を放浪していた。時はアメリカ開拓時代。あらゆる人種と言語が入り乱れ、荒野は暴力と野蛮と堕落に支配されていた。行くあてのない旅の末、少年は、以前より見知っていた「判事」と呼ばれる二メートル超の巨漢の誘いで、グラントン大尉率いるインディアン討伐隊に加わった。哲学、科学、外国語に精通する一方で、何の躊躇もなく罪なき人々を殺していくこの奇怪な判事との再会により、少年の運命は残酷の極みに呑み込まれるのだった――。

《ニューヨーク・タイムズ》紙上で、著名作家の投票によるベスト・アメリカン・ノヴェルズ(2006-1981)に選出。少年と不法戦士たちの旅路を冷徹な筆致で綴る、巨匠の代表作。


<著者について>

1933年、ロードアイランド生まれ。トマス・ピンチョン、ドン・デリーロ、フィリップ・ロスと並び称される現代アメリカ文学の巨匠。

大学を中退すると、1953年に空軍に入隊し四年間の従軍を経験。その後作家に転じ着々と評価を高め、〈国境三部作〉の第一作となる第六長篇『すべての美しい馬』(1992)(ハヤカワepi文庫)で全米図書賞、全米批評家協会賞をダブル受賞。第九長篇『血と暴力の国』(2005)は、2007年度アカデミー賞最優秀作品賞を受賞した映画《ノーカントリー》の原作となった。その後、2006年発表の『ザ・ロード』(早川書房刊)は、200万部超のベストセラーを記録し、ピュリッツァー賞を受賞。著者の名声を不動のものとした。

1985年発表の本書は、2006年に《ニューヨーク・タイムズ》紙上で著名作家他の投票による過去四半世紀のベスト・アメリカン・ノベヴェルズの一冊に、《タイムズ》誌による1923-2006年ベスト英語小説100の一冊にもそれぞれ選出された名実ともに著者の代表作である。



やった〜!
コーマック・マッカーシーの『ブラッド・メリディアン』が、遂に黒原敏行さんの翻訳で出版されました!

しかし、これは新作ではありません。マッカーシーの作品は<国境三部作>の他は全く翻訳されていなかったのですが、これはそのうちの一冊。『血と暴力の国』や『ザ・ロード』で話題になり、やっと日の目を見たわけです。原書で読むつもりで購入してあったのですが、この頃のマッカーシーの作品にはスペイン語が混じっており、生半可では読めない本ばかりだったのです。だから、翻訳を待ちわびていました。

マッカーシーという作家自体、これほど話題になるとは思っていなかったので、翻訳は夢のまた夢かと思っていましたが、それが、これもまた大好きな翻訳家である黒原さんの翻訳で出るとなったら、これはもう買うしかないでしょう。『ザ・ロード』も、ヴィゴ・モーテンセンが主役で映画化され、もうすぐ日本でも公開されるでしょうから、マッカーシー本、是非読んでみて欲しい1冊です。

今すぐAmazonに注文します!
posted by schazzie at 04:33| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする