2005年07月10日

長さはメートル、放射線はシーベルト

長さや重さを測る単位があるように、放射線にもいくつかの単位がある。目に見えない放射線も正確に測ることができるのだ。そのひとつが、体への影響の度合いを表す「シーベルト」。

たとえば、自然界から受けている放射線は一人あたり年間に2.4ミリシーベルト、胸のエックス線検査は1回で0.05ミリシーベルトになる。これに対し、原子力発電所からの放射線は、年間0.001ミリシーベルト以下に管理されている。

─(朝日新聞・日本原子力文化振興財団「エネルギーのはなし」より)
posted by schazzie at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック