2013年11月29日

アイソン彗星、生き延びた?

研究者のカール・バッタムズ氏は、アイソン彗星の核の一部が近日点を無事乗り越えたと思われると発言。

「核の一部は太陽コロナを通過し、再び姿を現したようだ。ちりとガスをまき散らしているが、これがいつまで続くかはわからない」と語った。

同氏はまた、「彗星は(太陽の裏から)出現し明るくなり始めている。今後どうなるか予測するには数日間観測する必要がある」と述べた。──(CNN)
posted by schazzie at 18:37| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

残念なお知らせ

アイソン彗星は、近日点(太陽に最接近する)前後に崩壊/蒸発。太陽の重力と熱に負けてお亡くなりになりました。残念無念!

http://japan.internet.com/m/webtech/20131129/1.html

希望の星だったのに、本当に残念です。冥福を祈ります。
posted by schazzie at 17:39| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

世紀の大彗星の心配な事

世紀の大彗星と期待されているアイソン彗星が、明日29日に太陽に最接近します。

その前後は太陽に近すぎて地上からの観測はできませんが、12/5くらいに観測会を予定してます。

しかし、心配な事があります。その心配事とは…。以下は朝日新聞の記事の抜粋です。


彗星は29日未明に太陽に最接近する。太陽の重力や熱で彗星本体が分裂・崩壊して消滅する可能性も指摘されている。

NASAによれば、ここ数日、彗星が暗くなったとの報告もあったが、26日から27日にかけて太陽観測衛星「SOHO」が撮影した画像では、明るい尾を引く姿が鮮明に写っていた。

ただ、崩壊するときに一時的に明るくなることもあり、「すでに崩壊しているかは不明」としている。

……消滅しなければ、12月上旬ごろ、尾を引く姿が肉眼でも観察できると予想される。


というわけで、ちょっと心配なんですよね。世紀の大彗星、観れますようにと願っています。
posted by schazzie at 08:05| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月20日

ハレー彗星並みの大型彗星⇒アイソン彗星

11/29に太陽に最接近する期待のアイソン彗星ですが、科学雑誌『Newton』によれば、ハレー彗星並みの大型彗星だそうです。

太陽をかすめて飛ぶ「サングレイズ」という種類の彗星で、太陽を通過した後の尾の長さは、満月の見かけの大きさの20倍くらいなるとか。

このような彗星は50年〜100年に一度しか見れないらしいので、一生に一度の経験かも。

今となっては不可能だけれども、一生に一度はハレー彗星を観たい!と願っていた私にとって、まさにハレー彗星並みの大彗星が観られる千載一遇のチャンスです。

明け方というのと、東南東の低い空というのがネックですが、なんとしても観たいですね!

12月が非常に楽しみになりました。

《Newtonの記事》
http://e.newton-keitai.com/;jsessionid=49C391150776BB1263EB4D17BDE813E5.tomcat4?pn=5nScVM
posted by schazzie at 18:36| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

期待のアイソン彗星

「世紀の大彗星」と期待されるアイソン彗星が29日、太陽に最接近する。明け方の東南東の空で見られ、明けの明星(金星)より明るいマイナス6等ほどになると予想される。

「アイソン彗星の核はやや大型で、太陽に極めて近づく。大彗星の条件を備えている」―国立天文台・渡部潤一副台長

29日の最接近の前後4、5日は、太陽の明るさが邪魔をして見えなくなるが、12月上旬には、尾がさらに長くなった姿が明け方の空に肉眼で見られそうだ。

【朝日新聞より抜粋】


すでに双眼鏡では見えてるらしいです。彗星を肉眼で見たことがないし、金星より明るいなら超楽しみ!絶対観たい!

私の家からでは、ビルが邪魔で見えない可能性はあるけどね…。泣
posted by schazzie at 18:36| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月10日

ライブまで1ヶ月!居留地ライブのお知らせ

★チリビーンズが煮えたわよ!★

《LIVE@居留地 Vol.5》

アメリカ南部の音楽を中心に、懐かしくもHOTな曲を、今回は新ユニット、ハーモニカとアコースティック・ギターのみのクリアでジェントルな音でお届けします♪

●日時:7/10(土) 19:30〜3stages

●場所:新宿・居留地
新宿区新宿3-11-13-1F
03-3354-7444
http://kyoryuchi.infoseek.co.jp

●チャージ:¥1,500

●出演:
・SCHAZZIE(Vocal)
・猪浦“charlie”教行(Harmonica)
・佐藤 豊(Guitar)

居留地名物・絶品チリビーンズも、皆様のお越しをお待ちしております♪
posted by schazzie at 18:25| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年02月28日

謎の円盤UFO

1980年、すでに人類は地球防衛組織SHADOを結成していた。SHADOの本部は、イギリスのとある映画会社の地下深く秘密裏に作られ、沈着冷静なストレイカー最高司令官の元、日夜謎の円盤UFOに敢然と挑戦していた。

SID、コンピューター衛星。このSIDが、UFO侵入をキャッチすると、ただちにSHADO全ステーションに急報。

SKYDIVER、それはSHADOの海底部隊。世界で最も進んだ潜水艦である。その前部には、SKY ONEと呼ばれるジェット機が装備され、海上を超スピードで進み、敵を撃破する。

人間の最高頭脳を結集して作られた、SHADOのメカニック。

MOONBASEは月面基地。ここにはミサイル邀撃機INTERCEPTORが非常事態に備えている。

UFO撃退の準備はできた。
posted by schazzie at 15:22| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

環境危機時計 最悪の9時31分

たったひとつしかない地球の上で、各国の損得など無意味だし、地球が壊れれば、自分たちも生きていられないことくらい、小学生にだってわかる。

政治家には不都合な真実かもしれないが、人類にとっては深刻な真実。自分の国さえ、あるいは自分さえ良ければいいなどという考えは、一切通用しない。

自分のことしか考えられない政治家にはまかせておけない地球の危機。人類ひとりひとりが、ひとつずつでもいいから、今できることをやって欲しい。やらなくてはならない!と強く思う。
posted by schazzie at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

名作へのお誘い

新宿三丁目ショットバーHABANAからのお知らせ♪

★☆★☆★☆★

今月、キューバ不朽の名作『低開発の記憶‐メモリアス』が上映されます。舞台は1961年首都ハバナ、革命からキューバ危機へむかうまでをドキュメンタリー映像を交え鋭く描く、これぞキューバ映画の原点!

●5月26日(土)より
●連日21:10(終映22:50)レイトショーのみ
●渋谷ユーロスペースにて
●チケットは\1.400
新宿三丁目HAVANAにて絶賛好評発売中!

6月いっぱいは上映しています。あとは動員しだいでロングラン。女性がたった一人で配給、宣伝、営業しています。ぜひ観に行ってください。皆様宜しくお願い致します!

★☆★☆★☆★
posted by schazzie at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

とあるゲイの言葉

少しずつ、やりたいことを全部やるには、ひとつの身体と24時間では、収まりきらなくなる。やりたいことはやる。やりたいのだから仕方ない。こうなると、優先順位の一番低いものを手放すしかない。


※私にとって、優先順位の一番低いものって何だろう?考えてしまうのがちょっと怖いかも…( ̄m ̄;)
posted by schazzie at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とあるモデルの言葉

前をまっすぐ向いて笑顔でいることが、チャンスと出会う最高の方法。晴れの日も曇りの日も雨の日も…。
posted by schazzie at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツの哲学者の格言

天まで伸びる樹は、その根を地獄に下ろさなければならない。
posted by schazzie at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

木星の衛星イオで噴火

070304_2231~001.jpg木星の衛星イオで3つの火山が同時に噴火している画像が公開された。北極付近の噴出物は、290q上空にまで達している。

これを撮影したのはNASAの冥王星探査機ニューホライズンズ。実はこの探査機には、私とダー、亡き父を含む私の家族の名前が積み込まれている。

宇宙に興味がない人には、だから何?という感じだろうが、これは私の名前が愛する人達と一緒に、たった今宇宙旅行をしているということなのだ。

今後、ニューホライズンズは太陽系を飛び続け、2015年に冥王星に到着。小惑星のカイパーベルトを通り過ぎた後、外宇宙へと飛び出し、果てのない旅を続ける。

未来のいつか、広大な宇宙のどこかで、私と私の愛する人達の名前が誰かの目に触れることを信じて…。

ミ★Bon Voyage!
posted by schazzie at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

午後の月

061202_1624~001.jpg今日は昼間から月が出ていました(ビルの左上)。肉眼でどんなに大きく見えても、写真に撮ると小さくて…。月が球体でなく平面に見えるのは、月の表面の物質が光の屈折を変えてしまうからとか。なるほど。
posted by schazzie at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

またもずさんな社会保険庁

払ったはずの厚生年金の保険料が未納ということで5万円近い請求書が来た。私は一応主婦だから、夫の会社から差し引かれているはずなので、会社に問い合わせたら、ちゃんと支払っているとのこと。

夫が新宿の社会保険事務所に行って問い合わせた結果、1時間近く待たされたのち、会社の本社がある藤沢の社会保険事務所のミスであることが発覚。

社会保険事務所の不祥事がたくさん取り沙汰されている中で、支払いを記録する程度の簡単な業務さえもミスするとは、どれだけ徹底的に社会保険庁がたるんでいるかということに他ならない。

他にどれだけ間違いがあるのやら、まるで全く心底信用できない。支払いの記録はし忘れるくせに、間違った請求のほうには力を入れるなど、国民をなんだと思っているのか。

民間の会社が同じことをしたら大変なことになるだろう。これだけ社会で騒がれていながら、結局何の改革もされていない社会保険庁。一体どうしてくれようか!全く怒りが収まらない。

国民一人一人が毎月確認に行くくらいのことをしないと、事態の重大さには気付かないのかもしれないが、国民はそれほど暇じゃない。泥棒と言われたくなければ、社会保険庁のほうから領収書くらい送って来い!でなきゃ安心してこの国では暮らしていけないじゃないか。
posted by schazzie at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月13日

団結

多文化社会の亀裂を懸念し、キリスト教、ユダヤ教、イスラム教の各宗教指導者は10日、「邪悪なテロに抵抗し、克服するために団結する」と異例の共同声明を発表した。
―(朝日新聞)
posted by schazzie at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月29日

南部とユダヤ

南部にしろ、あるいはユダヤ人であることにしろ、アメリカという風土のさ中で文学的な発想を結実させるためには、それがむしろ有利な要因として働いていることは確実だと思えるのである。(中略)南部人であることとユダヤ人であることとの共通項は、敗北と屈辱をくぐりぬけてきた前者と、さまざまな挫折を経験し差別のもとで身動きならぬ後者とが共有している「悲劇的な文化の根」なのである。そして大切なことは、この「悲劇的」な根があったればこそ、彼らがアメリカの「真の代弁者」として成長することができたというその運命の皮肉である。

―酒本雅之(「マラマッド短編集」まえがき)
posted by schazzie at 12:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年03月07日

女の子

「彼は女の子にはいつも本を読ませようてする。「女の子はお利口で」と、彼は娘たちにいうのだ。「やさしくならないといけないな。やさしいばかりでお利口でないとね、他の人の手にかかって自分が不幸になることがあるから」と」
―ジョン・アーヴィング「158ポンドの結婚」より
posted by schazzie at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経験的な沈黙

「それから二人は、何年か幸福な結婚生活を送った者にしかわからない、あの一種の知恵ともいえる経験的な沈黙の状態に達した。二人とも眠った振りをしながら、いつの間にか眠ってしまったのだ」
―ジョン・アーヴィング「158ポンドの結婚」より
posted by schazzie at 10:55| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。