2017年02月14日

2月ライブのお知らせ─Valentine's Day Version

20170227SOUTHBANDチラシ

2017年2月で六本木・ホオキパが閉店となります。
10年の長きに渡りお世話になった大好きなライブハウスでした。
最後のステージはサザンロックで思いっきりやりたいと思います。
心からの感謝の気持ちを込めて。


《FAREWELL LIVE ★ LAST STAGE @ Ho'okipa !!!》

= SOUTHBAND =

● Date : 2/27(Mon) 19:30 Start / 2Stages

● Place : 六本木・ホオキパ
港区六本木5-18-21 ファイブプラザビルB1F
Tel : 03-5570-5530
http://www.hookipa.jp
       
● Charge : ¥3,500(要予約)

● Member :

SCHAZZIE:シャジー(Vocal)
猪浦教行:Noriyuki Inoura(Harmonica)
佐藤 豊:Yutaka Sato(Guitar)
磯崎ジョー:Joe Isozaki(Bass)
橋本達郎:Tatsuro Hashimoto(Drums)


※ご予約・お問合せはホオキパまたはSCHAZZIEまで。
※BLOG、Facebookでもご予約承ります。
●公式BLOG⇒http://blog.livedoor.jp/schazzie-southbound/
●Facebook⇒https://www.facebook.com/schazzieclub


posted by schazzie at 22:24| 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

Random House Modern Library 100 Best Novels (2)

<The Reader's List>

1. ATLAS SHRUGGED by Ayn Rand
2. THE FOUNTAINHEAD by Ayn Rand
3. BATTLEFIELD EARTH by L. Ron Hubbard
4. THE LORD OF THE RINGS by J.R.R. Tolkien
5. TO KILL A MOCKINGBIRD by Harper Lee
6. 1984 by George Orwell
7. ANTHEM by Ayn Rand
8. WE THE LIVING by Ayn Rand
9. MISSION EARTH by L. Ron Hubbard
10. FEAR by L. Ron Hubbard
11. ULYSSES by James Joyce
12. CATCH-22 by Joseph Heller
13. THE GREAT GATSBY by F. Scott Fitzgerald
14. DUNE by Frank Herbert
15. THE MOON IS A HARSH MISTRESS by Robert Heinlein
16. STRANGER IN A STRANGE LAND by Robert Heinlein
17. A TOWN LIKE ALICE by Nevil Shute
18. BRAVE NEW WORLD by Aldous Huxley
19. THE CATCHER IN THE RYE by J.D. Salinger
20. ANIMAL FARM by George Orwell
21. GRAVITY'S RAINBOW by Thomas Pynchon
22. THE GRAPES OF WRATH by John Steinbeck
23. SLAUGHTERHOUSE FIVE by Kurt Vonnegut
24. GONE WITH THE WIND by Margaret Mitchell
25. LORD OF THE FLIES by William Golding
26. SHANE by Jack Schaefer
27. TRUSTEE FROM THE TOOLROOM by Nevil Shute
28. A PRAYER FOR OWEN MEANY by John Irving
29. THE STAND by Stephen King
30. THE FRENCH LIEUTENANT'S WOMAN by John Fowles
31. BELOVED by Toni Morrison
32. THE WORM OUROBOROS by E.R. Eddison
33. THE SOUND AND THE FURY by William Faulkner
34. LOLITA by Vladimir Nabokov
35. MOONHEART by Charles de Lint
36. ABSALOM, ABSALOM! by William Faulkner
37. OF HUMAN BONDAGE by W. Somerset Maugham
38. WISE BLOOD by Flannery O'Connor
39. UNDER THE VOLCANO by Malcolm Lowry
40. FIFTH BUSINESS by Robertson Davies
41. SOMEPLACE TO BE FLYING by Charles de Lint
42. ON THE ROAD by Jack Kerouac
43. HEART OF DARKNESS by Joseph Conrad
44. YARROW by Charles de Lint
45. AT THE MOUNTAINS OF MADNESS by H.P. Lovecraft
46. ONE LONELY NIGHT by Mickey Spillane
47. MEMORY AND DREAM by Charles de Lint
48. TO THE LIGHTHOUSE by Virginia Woolf
49. THE MOVIEGOER by Walker Percy
50. TRADER by Charles de Lint
51. THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY by Douglas Adams
52. THE HEART IS A LONELY HUNTER by Carson McCullers
53. THE HANDMAID'S TALE by Margaret Atwood
54. BLOOD MERIDIAN by Cormac McCarthy
55. A CLOCKWORK ORANGE by Anthony Burgess
56. ON THE BEACH by Nevil Shute
57. A PORTRAIT OF THE ARTIST AS A YOUNG MAN by James Joyce
58. GREENMANTLE by Charles de Lint
59. ENDER'S GAME by Orson Scott Card
60. THE LITTLE COUNTRY by Charles de Lint
61. THE RECOGNITIONS by William Gaddis
62. STARSHIP TROOPERS by Robert Heinlein
63. THE SUN ALSO RISES by Ernest Hemingway
64. THE WORLD ACCORDING TO GARP by John Irving
65. SOMETHING WICKED THIS WAY COMES by Ray Bradbury
66. THE HAUNTING OF HILL HOUSE by Shirley Jackson
67. AS I LAY DYING by William Faulkner
68. TROPIC OF CANCER by Henry Miller
69. INVISIBLE MAN by Ralph Ellison
70. THE WOOD WIFE by Terri Windling
71. THE MAGUS by John Fowles
72. THE DOOR INTO SUMMER by Robert Heinlein
73. ZEN AND THE ART OF MOTORCYCLE MAINTENANCE by Robert Pirsig
74. I, CLAUDIUS by Robert Graves
75. THE CALL OF THE WILD by Jack London
76. AT SWIM-TWO-BIRDS by Flann O'Brien
77. FARENHEIT 451 by Ray Bradbury
78. ARROWSMITH by Sinclair Lewis
79. WATERSHIP DOWN by Richard Adams
80. NAKED LUNCH by William S. Burroughs
81. THE HUNT FOR RED OCTOBER by Tom Clancy
82. GUILTY PLEASURES by Laurell K. Hamilton
83. THE PUPPET MASTERS by Robert Heinlein
84. IT by Stephen King
85. V. by Thomas Pynchon
86. DOUBLE STAR by Robert Heinlein
87. CITIZEN OF THE GALAXY by Robert Heinlein
88. BRIDESHEAD REVISITED by Evelyn Waugh
89. LIGHT IN AUGUST by William Faulkner
90. ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST by Ken Kesey
91. A FAREWELL TO ARMS by Ernest Hemingway
92. THE SHELTERING SKY by Paul Bowles
93. SOMETIMES A GREAT NOTION by Ken Kesey
94. MY ANTONIA by Willa Cather
95. MULENGRO by Charles de Lint
96. SUTTREE by Cormac McCarthy
97. MYTHAGO WOOD by Robert Holdstock
98. ILLUSIONS by Richard Bach
99. THE CUNNING MAN by Robertson Davies
100. THE SATANIC VERSES by Salman Rushdie
posted by schazzie at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Random House Modern Library 100 Best Novels

<The Board's List>

1. ULYSSES by James Joyce
2. THE GREAT GATSBY by F. Scott Fitzgerald
3. A PORTRAIT OF THE ARTIST AS A YOUNG MAN by James Joyce
4. LOLITA by Vladimir Nabokov
5. BRAVE NEW WORLD by Aldous Huxley
6. THE SOUND AND THE FURY by William Faulkner
7. CATCH-22 by Joseph Heller
8. DARKNESS AT NOON by Arthur Koestler
9. SONS AND LOVERS by D.H. Lawrence
10. THE GRAPES OF WRATH by John Steinbeck
11. UNDER THE VOLCANO by Malcolm Lowry
12. THE WAY OF ALL FLESH by Samuel Butler
13. 1984 by George Orwell
14. I, CLAUDIUS by Robert Graves
15. TO THE LIGHTHOUSE by Virginia Woolf
16. AN AMERICAN TRAGEDY by Theodore Dreiser
17. THE HEART IS A LONELY HUNTER by Carson McCullers
18. SLAUGHTERHOUSE-FIVE by Kurt Vonnegut
19. INVISIBLE MAN by Ralph Ellison
20. NATIVE SON by Richard Wright
21. HENDERSON THE RAIN KING by Saul Bellow
22. APPOINTMENT IN SAMARRA by John O'Hara
23. U.S.A. (trilogy) by John Dos Passos
24. WINESBURG, OHIO by Sherwood Anderson
25. A PASSAGE TO INDIA by E.M. Forster
26. THE WINGS OF THE DOVE by Henry James
27. THE AMBASSADORS by Henry James
28. TENDER IS THE NIGHT by F. Scott Fitzgerald
29. THE STUDS LONIGAN TRILOGY by James T. Farrell
30. THE GOOD SOLDIER by Ford Madox Ford
31. ANIMAL FARM by George Orwell
32. THE GOLDEN BOWL by Henry James
33. SISTER CARRIE by Theodore Dreiser
34. A HANDFUL OF DUST by Evelyn Waugh
35. AS I LAY DYING by William Faulkner
36. ALL THE KING'S MEN by Robert Penn Warren
37. THE BRIDGE OF SAN LUIS REY by Thornton Wilder
38. HOWARDS END by E.M. Forster
39. GO TELL IT ON THE MOUNTAIN by James Baldwin
40. THE HEART OF THE MATTER by Graham Greene
41. LORD OF THE FLIES by William Golding
42. DELIVERANCE by James Dickey
43. A DANCE TO THE MUSIC OF TIME (series) by Anthony Powell
44. POINT COUNTER POINT by Aldous Huxley
45. THE SUN ALSO RISES by Ernest Hemingway
46. THE SECRET AGENT by Joseph Conrad
47. NOSTROMO by Joseph Conrad
48. THE RAINBOW by D.H. Lawrence
49. WOMEN IN LOVE by D.H. Lawrence
50. TROPIC OF CANCER by Henry Miller
51. THE NAKED AND THE DEAD by Norman Mailer
52. PORTNOY'S COMPLAINT by Philip Roth
53. PALE FIRE by Vladimir Nabokov
54. LIGHT IN AUGUST by William Faulkner
55. ON THE ROAD by Jack Kerouac
56. THE MALTESE FALCON by Dashiell Hammett
57. PARADE'S END by Ford Madox Ford oyce
58. THE AGE OF INNOCENCE by Edith Wharton
59. ZULEIKA DOBSON by Max Beerbohm
60. THE MOVIEGOER by Walker Percy
61. DEATH COMES FOR THE ARCHBISHOP by Willa Cather
62. FROM HERE TO ETERNITY by James Jones
63. THE WAPSHOT CHRONICLES by John Cheever
64. THE CATCHER IN THE RYE by J.D. Salinger
65. A CLOCKWORK ORANGE by Anthony Burgess
66. OF HUMAN BONDAGE by W. Somerset Maugham
67. HEART OF DARKNESS by Joseph Conrad
68. MAIN STREET by Sinclair Lewis
69. THE HOUSE OF MIRTH by Edith Wharton
70. THE ALEXANDRIA QUARTET by Lawrence Durell
71. A HIGH WIND IN JAMAICA by Richard Hughes
72. A HOUSE FOR MR BISWAS by V.S. Naipaul
73. THE DAY OF THE LOCUST by Nathanael West
74. A FAREWELL TO ARMS by Ernest Hemingway
75. SCOOP by Evelyn Waugh
76. THE PRIME OF MISS JEAN BRODIE by Muriel Spark
77. FINNEGANS WAKE by James Joyce
78. KIM by Rudyard Kipling
79. A ROOM WITH A VIEW by E.M. Forster
80. BRIDESHEAD REVISITED by Evelyn Waugh
81. THE ADVENTURES OF AUGIE MARCH by Saul Bellow
82. ANGLE OF REPOSE by Wallace Stegner
83. A BEND IN THE RIVER by V.S. Naipaul
84. THE DEATH OF THE HEART by Elizabeth Bowen
85. LORD JIM by Joseph Conrad
86. RAGTIME by E.L. Doctorow
87. THE OLD WIVES' TALE by Arnold Bennett
88. THE CALL OF THE WILD by Jack London
89. LOVING by Henry Green
90. MIDNIGHT'S CHILDREN by Salman Rushdie
91. TOBACCO ROAD by Erskine Caldwell
92. IRONWEED by William Kennedy
93. THE MAGUS by John Fowles
94. WIDE SARGASSO SEA by Jean Rhys
95. UNDER THE NET by Iris Murdoch
96. SOPHIE'S CHOICE by William Styron
97. THE SHELTERING SKY by Paul Bowles
98. THE POSTMAN ALWAYS RINGS TWICE by James M. Cain
99. THE GINGER MAN by J.P. Donleavy
100. THE MAGNIFICENT AMBERSONS by Booth Tarkington


<翻訳書>


1. Ulysses, James Joyce
 『ユリシーズ』 ジェイムズ・ジョイス
2. The Great Gatsby, F. Scott Fitzgerald
 『華麗なるギャツビー』 F・スコット・フィッツジェラルド
3. A Portrait of the Artist as a Young Man, James Joyce
 『若い芸術家の肖像』 ジェイムズ・ジョイス
4. Lolita, Vladmir Nabokov
 『ロリータ』 ウラジミール・ナボコフ
5. Brave New World, Aldous Huxley
 『素晴らしい新世界』 オールダス・ハクスリー
6. The Sound and the Fury, William Faulkner
 『響きと怒り』 ウィリアム・フォークナー
7. Catch-22, Joseph Heller
 『キャッチ-22』 ジョセフ・ヘラー
8. Darkness at Noon, Arthur Koestler
 『真昼の暗黒』 アーサー・ケストナー
9. Sons and Lovers, D. H. Lawrence
 『息子と恋人』D・H・ロレンス
10. The Grapes of Wrath, John Steinbeck
 『怒りの葡萄』 ジョン・スタインベック
11. Under the Volcano, Malcolm Lowry
 『活火山の下』 ラウリー・マルカム
12. The Way of All Flesh, Samuel Butler
 『万人の路』 サミュエル・バトラー
13. 1984, George Orwell
 『1984』 ジョージ・オーウェル
14. I, Claudius, Robert Graves
 『私、クラウディウス』 ロバート・グレイヴス
15. To the Lighthouse, Virginia Woolf
 『灯台へ』 ヴァージニア・ウルフ
16. An American Tragedy, Theodore Dreiser
 『アメリカの悲劇』 シオドア・ドライザー
17. The Heart Is a Lonely Hunter, Carson McCullers
 『心は孤独な狩人』 カーソン・マッカラーズ
18. Slaughterhouse Five, Kurt Vonnegut, Jr.
 『スローターハウス5』 カート・ヴォネガット・Jr.
19. Invisible Man, Ralph Ellison
 『見えない人間』 ラルフ・エリソン
20. Native Son, Richard Wright
 『アメリカの息子』 リチャード・ライト
21. Henderson the Rain King, Saul Bellow
 『雨の王ヘンダソン』 ソウル・ベロー
22. Appointment in Samarra, John O'Hara
 『サマラの約束』 ジョン・オハラ
23. U. S. A. (Trilogy), John Dos Passos
 『U.S.A.』 ジョン・ドス・パソス
24. Winesburg, Ohio, Sherwood Anderson
 『ワインズバーグ・オハイオ』 シャーウッド・アンダスン
25. Passage to India, E. M. Forster
 『インドへの道』 E・M・フォースター
26. The Wings of the Dove, Henry James
 『鳩の翼』 ヘンリー・ジェイムズ
27. The Ambassadors, Henry James
 『使者たち』 ヘンリー・ジェイムズ
28. Tender is the Night, F. Scott Fitzgerald
 『夜はやさし』 F・スコット・フィッツジェラルド
29. The Studs Lonigan Trilogy, James T. Farrell
 『スタッズ・ロニガン 三部作』 ジェイムズ・T・ファレル
30. The Good Soldiers, Ford Maddox Ford
 『善良な兵士』 フォード・マドックス・フォード
31. Animal Farm, George Orwell
 『動物農場』 ジョージ・オーウェル
32. The Golden Bowl Henry James
 『黄金の盃』 ヘンリー・ジェイムズ
33. Sister Carrie, Theodore Dreiser
 『シスター・キャリー』 シオドア・ドライザー
34. A Hundful of Dust, Evelyn Waugh
 『一握の塵』 イーヴリン・ウォー
35. As I Lay Dying, William Faulkner
 『死の床に横たわりて』 ウィリアム・フォークナー
36. All the King's Men, Robert Penn Warren
 『すべての王の臣』 ロバート・ペン・ウォーレン
37. The Bridge of San Luis Rey, Thornton Wilder
 『サン・ルイス・レイの橋』 ソーントン・ワイルダー
38. Howard's End, E. M. Forster
 『ハワーズ・エンド』 E・M・フォースター
39. Go Tell it on the Mountain, James Baldwin
 『山にのぼりて告げよ』ジェイムズ・ボールドウィン
40. The Heart of the Matter, Graham Greene
 『事件の核心』 グレアム・グリーン
41. The Lord of the Flies, William Golding
 『蠅の王』 ウィリアム・ゴールディング
42. Deliverance, James Dickey
 『救出』 ジェイムズ・ディッキー
43. A Dance to the Music of Time (series), Anthony Powell
 『時の音楽のなかの舞踏』 アンソニー・パウエル
44. Point Counter Point, Aldous Huxley
 『恋愛対位法』 オールダス・ハクスリー
45. The Sun Also Rises, Ernest Hemingway
 『日はまた昇る』 アーネスト・ヘミングウェイ
46. The Secret Agent, Joseph Conrad
 『密偵』 ジョセフ・コンラッド
47. Nostromo, Joseph Conrad
 『ノストローモ』 ジョセフ・コンラッド
48. The Rainbow, D. H. Lawrence
 『虹』 D・H・ロレンス
49. Women in Love, D. H. Lawrence
 『恋する女たち』 D・H・ロレンス
50. Tropic of Cancer, Henry Miller
 『南回帰線』 ヘンリー・ミラー
51. The Naked and the Dead, Norman Mailer
 『裸者と死者』 ノーマン・メイラー
52. Pornoy's Complaint, Philip Roth
 『ポートノイの不満』 フィリップ・ロス
53. Pale Fire, Vladmir Nabokov
 『青白い炎』 ウラジミール・ナボコフ
54. Light in August, William Faulkner
 『八月の光』 ウィリアム・フォークナー
55. On the Road, Jack Kerouac
 『路上』 ジャック・ケルアック
56. The Maltese Falcon, Dashiell Hammett
 『マルタの鷹』 ダシール・ハメット
57. Parade's End, Ford Maddox Ford
 『パレードの終わり』 フォード・マドックス・フォード
58. The Age of Innocence, Edith Warton
 『エイジ・オブ・イノセンス』 イーディス・ウォートン
59. Zuleika Dobson, Max Beerbohom
 『ズレイカ・ドブソン』 マックス・ビアボウム
60. The Moviegoer, Walker Percy
 『映画ファン』 ウォーカー・パーシー
61. Death Comes for the Archibishop, Willa Cather
 『死を迎える大司教』 ウィラ・キャザー
62. From Here to Eternity, James Jones
 『地上より永遠に』 ジェイムズ・ジョーンズ
63. The Wapshot Chronicles, John Cheever
 『ウォップショット年代記』 ジョン・チーヴァー
64. The Catcher in the Rye, J. D. Salinger
 『ライ麦畑でつかまえて』 J・D・サリンジャー
65. A Clockwork Orange, Anthony Burgess
 『時計じかけのオレンジ』 アントニー・バージェス
66. Of Human Bondage, W. Somerset Maugham
 『人間の絆』 ウィリアム・サマセット・モーム
67. Heart of Darkness, Joseph Conrad
 『闇の奥』 ジョセフ・コンラッド
68. Main Street, Sinclair Lewis
 『本町通り』 シンクレア・ルイス
69. The House of Mirth, Edith Warton
 『歓楽の家』 イーディス・ウォートン
70. The Alexandria Quartet, Lawrence Durrell
 『アレクサンドリア四重奏』 ロレンス・ダレル
71. A High Wind in Jamaica, Richard Hughes
 『ジャマイカの烈風』 リチャード・ヒューズ
72. A House for Ms. Biswas, V. S. Naipaul
 『ビスワース氏の家』 V・S・ナイポール
73. The Day of the Locust, Nathaniel West
 『イナゴの日』 ナサニエル・ウェスト
74. A Farewell to Arms, Ernest Hemingway
 『武器よさらば』 アーネスト・ヘミングウェイ
75. Scoop, Evelyn Waugh
 『スクープ』 イーヴリン・ウォー
76. The Prime of Miss Jean Brodie, Muriel Spark
 『ミス・ブロディの青春』 ミュリエル・スパーク
77. Finnegans Wake, James Joyce
 『フィネガンズ・ウェイク』 ジェイムズ・ジョイス
78. Kim, Rudyard Kipling
 『少年キム』 ラドヤード・キプリング
79. A Room with a View, E. M. Forster
 『眺めのいい部屋』 E・M・フォースター
80. Brideshead Revisited, Evelyn Waugh
 『ブライヅヘッドふたたび』 イーヴリン・ウォー
81. The Adventure of Augie March, Saul Bellow
 『オーギー・マーチの冒険』 ソウル・ベロー
82. Angle of Repose, Wallace Stegner
 『アングル・オブ・リポーズ』 ウォレス・ステグナー
83. A Bend in the River, V. S. Naipaul
 『暗い河』 V・S・ナイポール
84. The Death of the Heart , Elizabeth Bowen
 『心の死』 エリザベス・ボウエン
85. Lord Jim, Joseph Conrad
 『ロード・ジム』 ジョセフ・コンラッド
86. Ragtime, E. L. Doctorow
 『ラグタイム』 E・L・ドクトロウ
87. The Old Wives' Tale, Arnold Bennett
 『老妻物語』 アーネルド・ベネット
88. The Call of the Wild, Jack London
 『野生の呼び声』 ジャック・ロンドン
89. Loving, Henry Green
 『愛する』 ヘンリー・グリーン
90. Midnight's Children, Salman Rushdie
 『真夜中の子供たち』 サルマン・ラシュディ
91. Tobacco Road, Erskine Caldwell
 『タバコ・ロード』 アースキン・コールドウェル
92. Ironweed, William Kennedy
 『アイアンウィード』 ウィリアム・ケネディ
93. The Magus, John Fowles
 『魔術師』 ジョン・ファウルズ
94. The Wide Sargasso Sea, Jean Rhys
 『サルガッソーの広い海』 ジーン・リース
95. Under the Net, Iris Murdoch
 『網のなか』 アイリス・マードック
96. Sophie's Choice, William Styron
 『ソフィーの選択』 ウィリアム・スタイロン
97. The Sheltering Sky, Paul Bowles
 『シェルタリング・スカイ』 ポール・ボウルズ
98. The Postman Always Rings Twice, James M. Cain
 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 ジェイムズ・M・ケイン
99. The Ginger Man, J. P. Donleavy
 『赤毛の男』 J・P・ドンレヴイ
100. The Magnificient Ambersons, Booth Tarkington
 『すばらしいアンバソン家の人びと』 ブース・ターキントン
posted by schazzie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月28日

ハロウィーン



ハロウィーンとは、「万聖節前夜(オール・ハロウズ・イヴ)」あるいは「万聖節先宵(オール・ハロウズ・イーヴン)」のことで、後者がちぢまってハロウィーンとなった。万聖節は、あらゆる聖人が等しく祝福を受けるキリスト教の祭日であり、暦の上では11月1日。したがって、ハロウィーンは10月31日の晩ということになる。この晩は、ありとあらゆる邪悪なものが徘徊すると考えられており、魔女や小鬼の扮装や、「お菓子をくれなきゃいたずらするぞ(トリック・オア・トリート)」の儀式の起源はここにある。

もっとも、これらは古代ケルト社会のお祭りがキリスト教化されたものらしい。11月1日はケルト民族の新年にあたるが、彼らにとって1日のはじまりは日没であり、10月31日の晩から新年が祝われた。人々は冬にそなえて収穫を終え、神々に感謝を捧げたのである。しかし、こうした神々もキリスト教から見れば悪魔にほかならない。ハロウィーンに登場する魔女や小鬼は、こうして生まれたのだ。

─(レイ・ブラッドベリ 『塵よりよみがえり』 訳者あとがきより)
posted by schazzie at 19:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月15日

ローハイド



<RAWHIDE>

南北戦争後の1870年代のアメリカ西部を舞台に、テキサスのサンアントニオからミズーリのセダリアまで3千頭の牛を運ぶロングドライブ(キャトルドライブ)の物語。

南北戦争により、供給源だった北部の牛が大量に消費されたため、東部での食肉価格は異状なほど高騰していた。ところがテキサスでは、テキサス・ロングホーンという牛が500万頭おり、東部では50ドルする牛がここでは3〜4ドルでしかなかった。

そこで牧牛業者は、東部への運送拠点である鉄道のターミナル駅まで牛を運ぶことにした。最寄りの駅といっても、テキサスからは1千キロ以上の道のりである。途中で牛に草を食べさせ、太らせながらの旅だから、3〜4ヶ月かかるのが普通だった。

牛を狙うインディアンや強盗と戦い、日照りや雷雨・砂嵐といった自然とも戦い、仲間同士のトラブルも克服しながら旅を続ける。埃に汚れた衣服にカウボーイたちの生活の匂いと汗がにじみ出ていました。─Nostalgic World より
posted by schazzie at 23:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年07月10日

長さはメートル、放射線はシーベルト

長さや重さを測る単位があるように、放射線にもいくつかの単位がある。目に見えない放射線も正確に測ることができるのだ。そのひとつが、体への影響の度合いを表す「シーベルト」。

たとえば、自然界から受けている放射線は一人あたり年間に2.4ミリシーベルト、胸のエックス線検査は1回で0.05ミリシーベルトになる。これに対し、原子力発電所からの放射線は、年間0.001ミリシーベルト以下に管理されている。

─(朝日新聞・日本原子力文化振興財団「エネルギーのはなし」より)
posted by schazzie at 15:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年02月04日

立春

りっしゅん 【立春】

二十四節気の一。太陽の黄経が三一五度に達する時をいい、太陽暦で二月四日ごろ。その前日が節分で、八十八夜・二百十日などはこの日を起点に数える。一月節気。「春立つ」ともいう。[季]春。


●立春 説明・意味・定義

<二十四節気>
立春 雨水 啓蟄 春分 清明 穀雨
立夏 小満 芒種 夏至 小暑 大暑
立秋 処暑 白露 秋分 寒露 霜降
立冬 小雪 大雪 冬至 小寒 大寒

立春(りっしゅん)は二十四節気の1つ。2月4日ごろ。および、この日から雨水までの期間。
太陽黄経が315度のときで、春の初め。正月節。『暦便覧』には「春の気たつをもつてなり」と記されている。この日から立夏の前日までが春。冬至と春分の中間にあたる。九州など暖かい地方では梅が咲き始める。

立春の前日は節分である。立春から数えて88日目を八十八夜、210日目を二百十日、220日目を二百二十日と呼ぶ。立春以降初めて吹く南よりの強風を春一番と呼ぶ。立春の早朝、禅寺では門に「立春大吉」と書いた紙を貼る習慣がある。


<旧暦と立春>
旧暦(太陰太陽暦)では立春と元日がほぼ同じ頃に来る。逆に言えば、太陰太陽暦で立春の次の雨水を含む月を一月としたのは、立春の頃を年初にするためだったとも考えられる。太陽暦を使用している今日においても、「初春」「新春」などという言葉が正月に用いられている。

節切りにおいては、立春が年初となる。風水を始めとする占いでは、節分までは前年に属し、立春を以て年が変わるとしているものが多い。節分の豆撒きや恵方巻といった習慣も、立春を年初として、新しい年の幸運を願って行われていたものである。


<年内立春>
旧暦では、年によっては年が明けるよりも先に立春が来ることがある。これを年内立春(ねんないりっしゅん)という。古今和歌集の巻頭に以下のような歌がある。

年のうちに春は來にけり 一年(ひととせ)をこぞとやいはむ今年とやいはむ 在原元方

「年が明けないうちに立春が来てしまった。年が明けてからは、同じ一年のうちである立春から大晦日までの間を去年(こぞ)と言おうか、今年と言おうか」という意味である。このように歌に詠まれるくらいの年内立春であるが、実はそんなに珍しいことではない。ここ数年の立春の日附を列挙する。

<新暦>      <旧暦>
2000年02月04日 1999年12月29日
2001年02月04日 2001年01月12日
2002年02月04日 2001年12月23日
2003年02月04日 2003年01月04日
2004年02月04日 2004年01月14日
2005年02月04日 2004年12月26日

その後は2007年、2008年、2010年、2013年、2015年(いづれも新暦)が年内立春である。だいたい2年に1回は年内立春になることになる。

これをわざわざ「年内立春」と呼ぶのは、年が明けてからの立春よりも春らしさをあまり感じないなあという感慨からであろうと考えられる。
posted by schazzie at 16:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月14日

George Plimpton on Truman Capote

Q: What were your impressions of him as a person?

A: He was a great entertainer. Very, very funny. A great quipster. Always came loaded with stories. He always seemed to have at least seven or eight stories that he'd sort of refresh and say, Well, I'll try these out tonight. It made him a great raconteur. I remember him with fondness.

Q: How would you assess Capote's impact as a writer?

A: He did this nonfiction novel, everybody calls it that─In Cold Blood. I don't know whether that's unique or not, but it was certainly followed right on its tail by The Executioner's Song, Norman Mailer's nonfiction novel. Today John Berendt's Midnight in the Garden of Good and Evil is something like that, except Berendt's is not truthful. He plays with his own fiction and makes up his own characters. In Truman's case, everything supposedly is just as it happened. He uses the techniques of fiction, but he doesn't do any fictionalizing.

I think people will always remember Truman as a great stylist. He took a great deal of time and trouble trying to write the perfect sentence. You very rarely find a bad sentence in Truman.

Q: Part of his story seems to be the story of celebrity worship. How important do you think fame and celebrity are in American culture?

A: I'm not sure about the whole culture, but in terms of Truman I think it really was very destructive. People advised him not to go on television, because he was such a grotesque figure in a way. They were convinced that his high little voice and his mannerisms would turn an audience off. But he went on anyway─on The Johnny Carson Show─and was a huge hit. And as a result he became terribly famous. In fact, probably the most famous writer in the country. And he was worthy of it. He was funny, and you never quite knew what he was going to say. I remember he gave this long dissertation on the orgasm and the sneeze. He was irreverent. A great hit. But I think it also kept him from writing. If you can amuse that many people just by sitting there on a chair and not having to go home and work, which are you going to do? I think fame was intoxicating for him. As it would be for a kid who comes out of Monroeville, Alabama, total population 1,600.

© gadfly productions, Charlottesville VA
posted by schazzie at 04:27| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Truman Capote

As a shameless stargazer and party fiend, I can honestly say that if a genie granted me three wishes, the first would be to jump into a time machine and attend Truman Capote's Black and White ball. Dubbed the "party of the century" the Black and White Ball was held in Manhattan's Plaza Hotel on November 18th, 1966 and was attended by 540 of America's most powerful and wealthy individuals including Frank Sinatra, Andy Warhol, Norman Mailer, various Vanderbilts and Rockefellers, just to name a few. The guest list was so impressive that it was actually published on the front page of The New York Times.

Capote led a chaotic, grandiose, and ultimately tragic life, but one thing is for certain: he sure did know how to throw a party!



Truman and Katharine Graham, the guest of honor at the Black and White Ball. Copyright © Henry Grossman.



Marisa Berenson and escort, at the Black and White Ball. Copyright © Henry Grossman.

This September, the Modern Library and Random House celebrate the life and work of Truman Capote with the publication of three works: The Complete Stories of Truman Capote, which includes the never before published story "The Bargain," (found in Capote's dresser by his maid after his death). The coming-of-age novel Other Voices, Other Rooms, with an introduction by John Berendt, and Too Brief a Treat, a collection of Capote's letters, edited by acclaimed biographer Gerald Clarke. Each one of these books reveals something fresh about Capote, about his lust for life and his penchant for celebrity. I hope you'll join me in celebrating one of America's greatest stylists.
posted by schazzie at 04:25| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月15日

2004年上半期の主な文学賞受賞作

読売文学賞
小川洋子「博士の愛した数式」
唐十郎「泥人魚」
若島 正「乱視読者の英米短篇講義」
沼野充義「ユートピア文学論」
栗木京子「夏のうしろ」
谷沢永一「文豪たちの大喧嘩」

吉川英治文学賞
北方謙三「楊家将」

新田次郎文学賞
東郷 隆「狙うて候─銃豪村田経芳の生涯」

伊藤整文学賞
阿部和重「シンセミア」
川村 湊「補陀落観音信仰への旅」

日本推理作家協会賞
歌野晶午「葉桜の季節に君を想うということ」
垣根涼介「ワイルド・ソウル」
伊坂幸太郎「死神の精度」
千街晶之「水面の星座 水底の宝石」
多田茂治「夢野久作読本」

三島由紀夫賞
矢作俊彦「ららら科學の子」

山本周五郎賞
熊谷達也「邂逅の森」

芥川賞
モブ・ノリオ「介護入門」

直木賞
奥田英明「空中ブランコ」
熊谷達也「邂逅の森」
posted by schazzie at 23:08| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月06日

THUNDERBIRD─国際救助隊一家

父:ジェフ・トレーシー (ビル・パクストン)

長男:ジョン・トレーシー (レックス・シャープネル)

次男:スコット・トレーシー (フィリップ・ウィンチェスター)

三男:バージル・トレーシー (ドミニク・コレンソ)

四男:ゴードン・トレーシー (ベン・トージャンセン)

五男:アラン・トレーシー (ブラディ・コルベット)
posted by schazzie at 18:54| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月05日

世の中に片付くなんてものは殆どありゃしない─夏目漱石「道草」

人生とは、自分にまつわる大小さまざまな問題が、きれいに片付きながら進むものだと無意識ながらに思ってきた。ところがだ。三十路も半ばにさしかかり、心に響き渡るのはこの言葉だ。

<世の中に片付くなんてものは殆どありゃしない。一遍起ったことは何時(いつ)までも続くのさ>

漱石晩年の作品「道草」で、主人公が最後に語ることばである。自我に潜む偽善や欺瞞、理由もない不安など、人間存在を主題にし続けた漱石の、ただ一つの自伝的小説が「道草」だ。すれ違う夫婦生活と、無心に訪れる養父母との葛藤の末、「片付かない」と、苦々しい表情ではき捨てる主人公は、漱石その人にほかならない。

思想家の吉本隆明氏は、現代人が壁にぶちあたった時、漱石ならどう考えるかと思う人は今なお少なくないだろうと、著作の中で語っている。私も何かを思うたびに漱石の小説を開いてきた。しかし、何ひとつ片付かないという人生の実体に気づきつつあるなかで、小説以上にリアルな形で漱石の苦悩に触れてみたいと考えた。

向かったのは、27歳の悩める漱石が座禅を組み、公案に取り組んだ鎌倉・円覚寺。だれでも自由に参加できる「暁天座禅」に加わって、早朝の静寂の中で必死に呼吸を数えて無心になろうと試みた。だが浅薄さゆえなのか、雑念が消えるはずもない。僧侶は言った。「人生の苦悩がそうそう簡単に片付くと思ったら、大間違いです」

その言葉に軽くうちのめされ、「道草」を愛読する心理学者で文化庁長官の河合隼雄氏にことがを求めた。人生は本当に片付きませんかと尋ねると、「そりゃ、片付きっこない。ひと山越えてもその先がある。ぼくはよく相談者にそう言いますよ」。

そうして思いついたのが、「道草」の書き損じの原稿のことだった。漱石は執筆に苦しんで、200枚近くの反故の山を築いたといわれている。その一部が、東北大学の漱石文庫に保管されている。かつてそれを見たことがあるという文学博士の佐藤泰正氏が教えてくれた。

「自分という人間を客観的に分析し、ことばを選びながら、何度も万年筆を振ったのでしょう。あちこちにインクが飛び散って、血しぶきのように見えるんです」

どうあがいても、片付かないのが人生なのか。新緑の仙台へと向かった。

─朝日新聞編集部・浜田奈美
posted by schazzie at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月04日

BBC The Nation's Best-Loved Novel Top 100

1. The Lord of the Rings, JRR Tolkien
2. Pride and Prejudice, Jane Austen
3. His Dark Materials, Philip Pullman
4. The Hitchhiker's Guide to the Galaxy, Douglas Adams
5. Harry Potter and the Goblet of Fire, JK Rowling
6. To Kill a Mockingbird, Harper Lee
7. Winnie the Pooh, AA Milne
8. Nineteen Eighty-Four, George Orwell
9. The Lion, the Witch and the Wardrobe, CS Lewis
10. Jane Eyre, Charlotte Brontë
11. Catch-22, Joseph Heller
12. Wuthering Heights, Emily Brontë
13. Birdsong, Sebastian Faulks
14. Rebecca, Daphne du Maurier
15. The Catcher in the Rye, JD Salinger
16. The Wind in the Willows, Kenneth Grahame
17. Great Expectations, Charles Dickens
18. Little Women, Louisa May Alcott
19. Captain Corelli's Mandolin, Louis de Bernieres
20. War and Peace, Leo Tolstoy
21. Gone with the Wind, Margaret Mitchell
22. Harry Potter And The Philosopher's Stone, JK Rowling
23. Harry Potter And The Chamber Of Secrets, JK Rowling
24. Harry Potter And The Prisoner Of Azkaban, JK Rowling
25. The Hobbit, JRR Tolkien
26. Tess Of The D'Urbervilles, Thomas Hardy
27. Middlemarch, George Eliot
28. A Prayer For Owen Meany, John Irving
29. The Grapes Of Wrath, John Steinbeck
30. Alice's Adventures In Wonderland, Lewis Carroll
31. The Story Of Tracy Beaker, Jacqueline Wilson
32. One Hundred Years Of Solitude, Gabriel García Márquez
33. The Pillars Of The Earth, Ken Follett
34. David Copperfield, Charles Dickens
35. Charlie And The Chocolate Factory, Roald Dahl | Listen to interview
36. Treasure Island, Robert Louis Stevenson
37. A Town Like Alice, Nevil Shute
38. Persuasion, Jane Austen
39. Dune, Frank Herbert | Discussion
40. Emma, Jane Austen
41. Anne Of Green Gables, LM Montgomery
42. Watership Down, Richard Adams | Discussion
43. The Great Gatsby, F Scott Fitzgerald
44. The Count Of Monte Cristo, Alexandre Dumas | Film review
45. Brideshead Revisited, Evelyn Waugh | Listen to interview
46. Animal Farm, George Orwell
47. A Christmas Carol, Charles Dickens
48. Far From The Madding Crowd, Thomas Hardy
49. Goodnight Mister Tom, Michelle Magorian
50. The Shell Seekers, Rosamunde Pilcher
51. The Secret Garden, Frances Hodgson Burnett
52. Of Mice And Men, John Steinbeck
53. The Stand, Stephen King
54. Anna Karenina, Leo Tolstoy
55. A Suitable Boy, Vikram Seth | Listen to interview
56. The BFG, Roald Dahl | Listen to interview
57. Swallows And Amazons, Arthur Ransome
58. Black Beauty, Anna Sewell | Children's fiction
59. Artemis Fowl, Eoin Colfer | Live chat
60. Crime And Punishment, Fyodor Dostoyevsky | Crime and Punishment site
61. Noughts And Crosses, Malorie Blackman
62. Memoirs Of A Geisha, Arthur Golden
63. A Tale Of Two Cities, Charles Dickens
64. The Thorn Birds, Colleen McCollough
65. Mort, Terry Pratchett
66. The Magic Faraway Tree, Enid Blyton | Listen to interview
67. The Magus, John Fowles
68. Good Omens, Terry Pratchett and Neil Gaiman | Discussion
69. Guards! Guards!, Terry Pratchett
70. Lord Of The Flies, William Golding
71. Perfume, Patrick Süskind
72. The Ragged Trousered Philanthropists, Robert Tressell
73. Night Watch, Terry Pratchett
74. Matilda, Roald Dahl | Listen to interview
75. Bridget Jones's Diary, Helen Fielding | Film review
76. The Secret History, Donna Tartt
77. The Woman In White, Wilkie Collins
78. Ulysses, James Joyce
79. Bleak House, Charles Dickens
80. Double Act, Jacqueline Wilson
81. The Twits, Roald Dahl | Listen to interview
82. I Capture The Castle, Dodie Smith | Film review
83. Holes, Louis Sachar
84. Gormenghast, Mervyn Peake | Gormenghast site
85. The God Of Small Things, Arundhati Roy
86. Vicky Angel, Jacqueline Wilson
87. Brave New World, Aldous Huxley
88. Cold Comfort Farm, Stella Gibbons | Film interview
89. Magician, Raymond E Feist
90. On The Road, Jack Kerouac
91. The Godfather, Mario Puzo | Film review
92. The Clan Of The Cave Bear, Jean M Auel
93. The Colour Of Magic, Terry Pratchett
94. The Alchemist, Paulo Coelho | Theatre review
95. Katherine, Anya Seton
96. Kane And Abel, Jeffrey Archer
97. Love In The Time Of Cholera, Gabriel García Márquez
98. Girls In Love, Jacqueline Wilson
99. The Princess Diaries, Meg Cabot
100. Midnight's Children, Salman Rushdie
posted by schazzie at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Guardian(UK) The Top 100 Books of All Time

May 8, 2002


Chinua Achebe, Nigeria, (b. 1930), Things Fall Apart
Hans Christian Andersen, Denmark, (1805-1875), Fairy Tales and Stories
Jane Austen, England, (1775-1817), Pride and Prejudice
Honore de Balzac, France, (1799-1850), Old Goriot
Samuel Beckett, Ireland, (1906-1989), Trilogy: Molloy, Malone Dies, The Unnamable
Giovanni Boccaccio, Italy, (1313-1375), Decameron
Jorge Luis Borges, Argentina, (1899-1986), Collected Fictions
Emily Bronte, England, (1818-1848), Wuthering Heights
Albert Camus, France, (1913-1960), The Stranger
Paul Celan, Romania/France, (1920-1970), Poems.
Louis-Ferdinand Celine, France, (1894-1961), Journey to the End of the Night
Miguel de Cervantes Saavedra, Spain, (1547-1616), Don Quixote
Geoffrey Chaucer, England, (1340-1400), Canterbury Tales
Joseph Conrad, England,(1857-1924), Nostromo
Dante Alighieri, Italy, (1265-1321), The Divine Comedy
Charles Dickens, England, (1812-1870), Great Expectations
Denis Diderot, France, (1713-1784), Jacques the Fatalist and His Master
Alfred Doblin, Germany, (1878-1957), Berlin Alexanderplatz
Fyodor M Dostoyevsky, Russia, (1821-1881), Crime and Punishment; The Idiot; The Possessed; The Brothers Karamazov
George Eliot, England, (1819-1880), Middlemarch
Ralph Ellison, United States, (1914-1994), Invisible Man
Euripides, Greece, (c 480-406 BC), Medea
William Faulkner, United States, (1897-1962), Absalom, Absalom; The Sound and the Fury
Gustave Flaubert, France, (1821-1880), Madame Bovary; A Sentimental Education
Federico Garcia Lorca, Spain, (1898-1936), Gypsy Ballads
Gabriel Garcia Marquez. Colombia, (b. 1928), One Hundred Years of Solitude; Love in the Time of Cholera
Gilgamesh, Mesopotamia (c 1800 BC).
Johann Wolfgang von Goethe, Germany, (1749-1832), Faust
Nikolai Gogol, Russia, (1809-1852), Dead Souls
Gunter Grass, Germany, (b.1927), The Tin Drum
Joao Guimaraes Rosa, Brazil, (1880-1967), The Devil to Pay in the Backlands
Knut Hamsun, Norway, (1859-1952), Hunger.
Ernest Hemingway, United States, (1899-1961), The Old Man and the Sea
Homer, Greece, (c 700 BC), The Iliad and The Odyssey
Henrik Ibsen, Norway (1828-1906), A Doll's House
The Book of Job, Israel. (600-400 BC).
James Joyce, Ireland, (1882-1941), Ulysses
Franz Kafka, Bohemia, (1883-1924), The Complete Stories; The Trial; The Castle Bohemia
Kalidasa, India, (c. 400), The Recognition of Sakuntala
Yasunari Kawabata, Japan, (1899-1972), The Sound of the Mountain
Nikos Kazantzakis, Greece, (1883-1957), Zorba the Greek
DH Lawrence, England, (1885-1930), Sons and Lovers
Halldor K Laxness, Iceland, (1902-1998), Independent People
Giacomo Leopardi, Italy, (1798-1837), Complete Poems
Doris Lessing, England, (b.1919), The Golden Notebook
Astrid Lindgren, Sweden, (1907-2002), Pippi Longstocking
Lu Xun, China, (1881-1936), Diary of a Madman and Other Stories
Mahabharata, India, (c 500 BC). Naguib Mahfouz, Egypt, (b. 1911), Children of Gebelawi
Thomas Mann, Germany, (1875-1955), Buddenbrook; The Magic Mountain
Herman Melville, United States, (1819-1891), Moby Dick
Michel de Montaigne, France, (1533-1592), Essays. Elsa Morante, Italy, (1918-1985), History
Toni Morrison, United States, (b. 1931), Beloved
Shikibu Murasaki, Japan, (N/A), The Tale of Genji Genji
Robert Musil, Austria, (1880-1942), The Man Without Qualities
Vladimir Nabokov, Russia/United States, (1899-1977), Lolita
Njaals Saga, Iceland, (c 1300).
George Orwell, England, (1903-1950), 1984
Ovid, Italy, (c 43 BC), Metamorphoses
Fernando Pessoa, Portugal, (1888-1935), The Book of Disquiet
Edgar Allan Poe, United States, (1809-1849), The Complete Tales
Marcel Proust, France, (1871-1922), Remembrance of Things Past
Francois Rabelais, France, (1495-1553), Gargantua and Pantagruel
Juan Rulfo, Mexico, (1918-1986), Pedro Paramo
Jalal ad-din Rumi, Iran, (1207-1273), Mathnawi
Salman Rushdie, India/Britain, (b. 1947), Midnight's Children
Sheikh Musharrif ud-din Sadi, Iran, (c 1200-1292), The Orchard
Tayeb Salih, Sudan, (b. 1929), Season of Migration to the North
Jose Saramago, Portugal, (b. 1922), Blindness
William Shakespeare, England, (1564-1616), Hamlet; King Lear; Othello
Sophocles, Greece, (496-406 BC), Oedipus the King
Stendhal, France, (1783-1842), The Red and the Black
Laurence Sterne, Ireland, (1713-1768), The Life and Opinions of Tristram Shandy
Italo Svevo, Italy, (1861-1928), Confessions of Zeno
Jonathan Swift, Ireland, (1667-1745), Gulliver's Travels
Leo Tolstoy, Russia, (1828-1910), War and Peace; Anna Karenina; The Death of Ivan Ilyich and Other Stories
Anton P Chekhov, Russia, (1860-1904), Selected Stories
Thousand and One Nights, India/Iran/Iraq/Egypt, (700-1500).
Mark Twain, United States, (1835-1910), The Adventures of Huckleberry Finn
Valmiki, India, (c 300 BC), Ramayana
Virgil, Italy, (70-19 BC), The Aeneid
Walt Whitman, United States, (1819-1892), Leaves of Grass
Virginia Woolf, England, (1882-1941), Mrs. Dalloway; To the Lighthouse
Marguerite Yourcenar, France, (1903-1987), Memoirs of Hadrian
posted by schazzie at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月03日

英語で書かれた20世紀のベスト小説100

◆1999年夏、出版業界で働きたいと考えているアメリカ・ラドクリフ大学の学生100人(平均年齢25歳、女性が85%、マイノリティが17%)が、「英語で書かれた20世紀のベスト小説100」を選出


1. The Great Gatsby, F. Scott Fitzgerald
  『華麗なるギャツビー』 F・スコット・フィッツジェラルド
2. The Catcher in the Rye, J. D. Salinger
 『ライ麦畑でつかまえて』 J・D・サリンジャー
3. The Grapes of Wrath, John Steinbeck
 『怒りの葡萄』 ジョン・スタインベック
4. To Kill a Mockingbird, Harper Lee
 『アラバマ物語』 ハーパー・リー
5. The Color Purple, Alice Walker
 『カラー・パープル』 アリス・ウォーカー
6. Ulysses, James Joyce
 『ユリシーズ』 ジェイムズ・ジョイス
7. Beloved, Toni Morrison
 『ビラブド』 トニ・モリソン
8. The Lord of the Flies, William Golding
 『蠅の王』 ウィリアム・ゴールディング
9. 1984, George Orwell
 『1984』 ジョージ・オーウェル
10. The Sound and the Fury, William Faulkner
 『響きと怒り』 ウィリアム・フォークナー
11. Lolita, Vladmir Nabokov
 『ロリータ』 ウラジミール・ナボコフ
12. Of Mice and Men, John Steinbeck
 『二十日鼠と人間』 ジョン・スタインベック
13. Charlotte's Web, E. B. White
 『くものシャーロットの網』 E・B・ホワイト
14. A Portrait of the Artist as a Young Man, James Joyce
 『若い芸術家の肖像』 ジェイムズ・ジョイス
15. Catch-22, Joseph Heller
 『キャッチ-22』 ジョセフ・ヘラー
16. Brave New World, Aldous Huxley
 『素晴らしい新世界』 オールダス・ハクスリー
17. Animal Farm, George Orwell
 『動物農場』 ジョージ・オーウェル
18. The Sun Also Rises, Ernest Hemingway
 『日はまた昇る』 アーネスト・ヘミングウェイ
19. As I Lay Dying, William Faulkner
 『死の床に横たわりて』 ウィリアム・フォークナー
20. A Farewell to Arms, Ernest Hemingway
 『武器よさらば』 アーネスト・ヘミングウェイ
21. Heart of Darkness, Joseph Conrad
 『闇の奥』 ジョセフ・コンラッド
22. Winnie-the-Pooh, AA Milne
 『クマのプーさん』 A・A・ミルン
23. Their Eyes are Watching God , Zora Neale Hurston
 『彼らの目は神を見ていた』 ゾラ・ニール・ハーストン
24. Invisible Man, Ralph Ellison
 『見えない人間』 ラルフ・エリソン
25. Song of Solomon, Toni Morrison
 『ソロモンの歌』 トニ・モリソン
26. Gone with the Wind, Margaret Mitchell
 『風と共に去りぬ』 マーガレット・ミッチェル
27. Native Son, Richard Wright
 『アメリカの息子』 リチャード・ライト
28. One Flew Over the Cuckoo's Nest, Ken Kesey
 『カッコーの巣の上で』 ケン・キージー
29. Slaughterhouse Five, Kurt Vonnegut, Jr.
 『スローターハウス5』 カート・ヴォネガット・Jr.
30. For Whom the Bell Tolls, Ernest Hemingway
 『誰がために鐘が鳴る』 アーネスト・ヘミングウェイ
31. On the Road, Jack Kerouac
 『路上』 ジャック・ケルアック
32. The Old Man and the Sea, Ernest Hemingway
 『老人と海』 アーネスト・ヘミングウェイ
33. The Call of the Wild, Jack London
 『野生の呼び声』 ジャック・ロンドn
34. To the Lighthouse, Virginia Woolf
 『灯台へ』 ヴァージニア・ウルフ
35. Portrait of a Lady, Henry James
 『ある婦人の肖像』 ヘンリー・ジェイムズ
36. Go Tell it on the Mountain, James Baldwin
 『山にのぼりて告げよ』 ジェイムズ・ボールドウィン
37. The World According to Garp, John Irving
 『ガープの世界』 ジョン・アーヴィング
38. All the King's Men, Robert Penn Warren
 『すべての王の臣』 ロバート・ペン・ウォーレン
39. A Room with a View, E. M. Forster
 『眺めのいい部屋』 E・M・フォースター
40. The Lord of the Rings, J. R. R. Tolkien
 『指輪物語』 J・R・R・トールキン
41. Schindler's List, Thomas Keneally
 『シンドラーのリスト』 トマス・キニーリー
42. The Age of Innocence, Edith Warton
 『エイジ・オブ・イノセンス』 イーディス・ウォートン
43. The Fountainhead, Ayn Rand
 (未訳) アイン・ランド
44. Finnegans Wake, James Joyce
 『フィネガンズ・ウェイク』 ジェイムズ・ジョイス
45. The Jungle, Upton Sinclair
 『ジャングル』 アプトン・シンクレア
46. Mrs. Dalloway, Virginia Woolf
 『ダロウェイ夫人』 ヴァージニア・ウルフ
47. The Wonerful Wizard of Oz, Frank L. Baum
 『不思議なオズの魔法使い』 フランク・L・ボーム
48. Lady Chatterley's Lover, D. H. Lawrence
 『チャタレイ夫人の恋人』 D・H・ロレンス
49. A Clockwork Orange, Anthony Burgess
 『時計じかけのオレンジ』 アントニー・バージェス
50. The Awakening, Kate Chopin
 『目覚め』 ケイト・ショパン
51. My Antonia, Willa Cather
 『私のアントーニア』 ウィラ・キャザー
52. Howard's End, E. M. Forster
 『ハワーズ・エンド』 E・M・フォースター
53. In Cold Blood, Truman Capote
 『冷血』 トルーマン・カポーティ
54. Franny and Zooey, J. D. Salinger
 『フラニーとゾーイー』 J・D・サリンジャー
55. Satanic Verses, Salman Rushdie
 『悪魔の詩』 サルマン・ラシュディ
56. Jazz, Toni Morrison
 『ジャズ』 トニ・モリソン
57. Sophie's Choice , William Styron
 『ソフィーの選択』 ウィリアム・スタイロン
58. Absalom, Absalom!, William Faulkner
 『アブサロム、アブサロム!』 ウィリアム・フォークナー
59. Passage to India, E. M. Forster
 『インドへの道』 E・M・フォースター
60. Ethan Frome, Edith Warton
 『イーサン・フローム』 イーディス・ウォートン
61. A Good Man is Hard to Find, Flannery O'cconor
 『善人はなかなかいない』 フラナリー・オコナー
62. Tender is the Night, F. Scott Fitzgerald
 『夜はやさし』 F・スコット・フィッツジェラルド
63. Orlando, Virginia Woolf
 『オーランドー』 ヴァージニア・ウルフ
64. Sons and Lovers, D. H. Lawrence
 『息子と恋人』 D・H・ロレンス
65. Bonfire of the Vanities, Thomas Wolfe
 『虚栄の篝火』 トム・ウルフ
66. Cat's Cradle, Kurt Vonnegut, Jr.
 『猫のゆりかご』 カート・ヴォネガット・Jr.
67. A Separate Peace, John Knowles
 『友だち』 ジョン・ノールズ
68. Light in August, William Faulkner
 『八月の光』 ウィリアム・フォークナー
69. The Wings of the Dove, Henry James
 『鳩の翼』 ヘンリー・ジェイムズ
70. Things Fall Apart, Chinua Achebe
 『崩れゆく絆』 チアヌ・アチェベ
71. Rebecca, Daphne du Maurier
 『レベッカ』 ダフネ・デュ・モーリア
72. The Hitchhiker's Guide to the Galaxy, Douglas Adams
 『銀河ヒッチハイク・ガイド』 ダグラス・アダムス
73. Naked Lunch, William S. Burroughs
 『裸のランチ』 ウィリアム・S・バロウズ
74. Brideshead Revisited, Evelyn Waugh
 『ブライヅヘッドふたたび』 イーヴリン・ウォー
75. Women in Love, D. H. Lawrence
 『恋する女たち』 D・H・ロレンス
76. Look Homeward, Angel, Thomas Wolfe
 『天使よ、故郷を見よ』 トマス・ウルフ
77. In Our Time, Ernest Hemingway
『われらの時代に』 アーネスト・ヘミングウェイ
78. The Autobiography of Alice B. Tokias, Gertrude Stein
 『アリス・B・トクラスの自伝 わたしがパリで会った天才たち』 ガートルート・スタイン
79. The Maltese Falcon, Dashiell Hammett
 『マルタの鷹』 ダシール・ハメット
80. The Naked and the Dead, Norman Mailer
 『裸者と死者』 ノーマン・メイラー
81. The Wide Sargasso Sea, Jean Rhys
 『サルガッソーの広い海』 ジーン・リース
82. White Noise, Don DeLillo
 『ホワイト・ノイズ』 ドン・デリロ
83. O Pioneers!, Willa Cather
 『おお開拓者よ!』 ウィラ・キャザー
84. Tropic of Cancer, Henry Miller
 『南回帰線』 ヘンリー・ミラー
85. The War of the World, H. G. Wells
 『世界戦争』 H・G・ウェルズ
86. Lord Jim, Joseph Conrad
 『ロード・ジム』 ジョセフ・コンラッド
87. The Bostonians, Henry James
 『ボストンの人々』 ヘンリー・ジェイムズ
88. An American Tragedy, Theodore Dreiser
 『アメリカの悲劇』 シオドア・ドライザー
89. Death Comes for the Archibishop, Willa Cather
 『死を迎える大司教』 ウィラ・キャザー
90. The Wind in the Willow, Kenneth Grahame
 『たのしい川べ』 ケネス・グレアム
91. This Side of Paradise, F. Scott Fitzgerald
 『楽園のこちら側』 F・スコット・フィッツジェラルド
92. Atlas Shrugged, Ayn Rand
 (未訳) アイン・ランド
93. The French Lieutenant's Woman, John Fowles
 『フランス軍中尉の女』 ジョン・ファウルズ
94. Babbitt, Sinclair Lewis
 『バビット』 シンクレア・ルイス
95. Kim, Rudyard Kipling
 『少年キム』 ラドヤード・キプリング
96. The Beautiful and the Damned, F. Scott Fitzgerald
 『美しくも呪われし者』 F・スコット・フィッツジェラルド
97. Rabbit, Run, John Updike
 『走れウサギ』 ジョン・アップダイク
98. Where Angels Fear to Tread, E. M. Forster
 『天使も踏むを恐れるところ』 E・M・フォースター
99. Main Street, Sinclair Lewis
 『本町通り』 シンクレア・ルイス
100. Midnight's Children, Salman Rushdie
 『真夜中の子供たち』 サルマン・ラシュディ
posted by schazzie at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月02日

DID YOU KNOW?

First published over one hundred years ago, Bram Stoker's Dracula has never been out of print.
posted by schazzie at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

DID YOU KNOW? DID YOU KNOW? DID YOU KNOW?

I, Robot author Isaac Asimov had a fear of heights and flying. Asimov discovered this at the New York World's Fair in 1940, when he took his date on a roller coaster, hoping that it would cause her to cling to him in fear and give him a chance to kiss her. Instead, Asimov became petrified, while his date remained calm.

posted by schazzie at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月01日

DID YOU KNOW?

The first paperback edition of The Martian Chronicles by Ray Bradbury was published by Bantam in 1951.
posted by schazzie at 00:00| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月13日

テレビの誕生日

一人暮らしをしている映画監督の新藤兼人さんが先日、ぼんやりしている時間の貴重さについてしみじみ語っていた。きょうテレビ50年、ということでぼんやりテレビのことを考えていて、思った。このぼんやりの時間を奪ったのがテレビではないか、と。

以前、本紙文化欄に「余白を語る」という題名でインタビューが連載された。例えば当時79歳の作家中村武志さんが語る。「今のぼくの生活は余白だらけ。・・・退屈?それは全くない。・・・ぼんやり雲の流れを見ていても楽しく、時間を無駄にしているとは思わなくなった」。テレビは人生のそうした「余白」を奪ってきたともいえるだろう。

テレビはまた人生の余白を埋めてくれもした。田舎で暮らす高齢の女性がしみじみと語るのを聞いたことがある。「テレビの時代に生まれてよかった。テレビがなかったら、どうやって時間をつぶしていいのやら。本当にありがたい」

NHKのテレビ視聴時間調査によると、80年代にいったん視聴時間が減り、その後90年代からまた上昇傾向にある。といっても平均でほぼ3時間と4時間の間におさまる。起きている時間の5分の1程度をテレビに費やしている。

テレビの功罪は数え上げればきりがない。依存症の人も少なくないだろうが、それでもテレビを消すことはできる。余白を自力で取り戻すことはできる。

このごろありがたいのは、テレビの視聴とぼんやりする時間とが結構両立するようになったことだ。退屈な番組が多いということだが、制作者側の配慮かどうかは知らない。

─天声人語/朝日新聞 2/1
posted by schazzie at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年07月03日

「荒ぶる」

「荒ぶる」 作詞・小野田康一


荒ぶる吹雪の逆巻く中に
球蹴る我等が 銀塊砕く
早稲田のラグビーは
斯界になびき
いざ行け我等が
ラグビー早稲田
ララ早稲田 ララ早稲田
ララララ早稲田


◆荒ぶる
早大ラグビー部の部歌は「北風」だが「荒ぶる」は第2部歌として、日本一の時にしか歌われない。「北風」は1922年(大正11年)に誕生。原曲はスコットランド民謡の「マーメイド」だった。
「荒ぶる」は翌年、小野田康一氏(23年早大卒)の作詞で生まれ、最初に歌われたのは50年、早明戦の勝利の後。曲は昭和初期に早大音楽部がつけたといわれる。
posted by schazzie at 00:00| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。