2007年10月21日

Random House Modern Library 100 Best Novels (2)

<The Reader's List>

1. ATLAS SHRUGGED by Ayn Rand
2. THE FOUNTAINHEAD by Ayn Rand
3. BATTLEFIELD EARTH by L. Ron Hubbard
4. THE LORD OF THE RINGS by J.R.R. Tolkien
5. TO KILL A MOCKINGBIRD by Harper Lee
6. 1984 by George Orwell
7. ANTHEM by Ayn Rand
8. WE THE LIVING by Ayn Rand
9. MISSION EARTH by L. Ron Hubbard
10. FEAR by L. Ron Hubbard
11. ULYSSES by James Joyce
12. CATCH-22 by Joseph Heller
13. THE GREAT GATSBY by F. Scott Fitzgerald
14. DUNE by Frank Herbert
15. THE MOON IS A HARSH MISTRESS by Robert Heinlein
16. STRANGER IN A STRANGE LAND by Robert Heinlein
17. A TOWN LIKE ALICE by Nevil Shute
18. BRAVE NEW WORLD by Aldous Huxley
19. THE CATCHER IN THE RYE by J.D. Salinger
20. ANIMAL FARM by George Orwell
21. GRAVITY'S RAINBOW by Thomas Pynchon
22. THE GRAPES OF WRATH by John Steinbeck
23. SLAUGHTERHOUSE FIVE by Kurt Vonnegut
24. GONE WITH THE WIND by Margaret Mitchell
25. LORD OF THE FLIES by William Golding
26. SHANE by Jack Schaefer
27. TRUSTEE FROM THE TOOLROOM by Nevil Shute
28. A PRAYER FOR OWEN MEANY by John Irving
29. THE STAND by Stephen King
30. THE FRENCH LIEUTENANT'S WOMAN by John Fowles
31. BELOVED by Toni Morrison
32. THE WORM OUROBOROS by E.R. Eddison
33. THE SOUND AND THE FURY by William Faulkner
34. LOLITA by Vladimir Nabokov
35. MOONHEART by Charles de Lint
36. ABSALOM, ABSALOM! by William Faulkner
37. OF HUMAN BONDAGE by W. Somerset Maugham
38. WISE BLOOD by Flannery O'Connor
39. UNDER THE VOLCANO by Malcolm Lowry
40. FIFTH BUSINESS by Robertson Davies
41. SOMEPLACE TO BE FLYING by Charles de Lint
42. ON THE ROAD by Jack Kerouac
43. HEART OF DARKNESS by Joseph Conrad
44. YARROW by Charles de Lint
45. AT THE MOUNTAINS OF MADNESS by H.P. Lovecraft
46. ONE LONELY NIGHT by Mickey Spillane
47. MEMORY AND DREAM by Charles de Lint
48. TO THE LIGHTHOUSE by Virginia Woolf
49. THE MOVIEGOER by Walker Percy
50. TRADER by Charles de Lint
51. THE HITCHHIKER'S GUIDE TO THE GALAXY by Douglas Adams
52. THE HEART IS A LONELY HUNTER by Carson McCullers
53. THE HANDMAID'S TALE by Margaret Atwood
54. BLOOD MERIDIAN by Cormac McCarthy
55. A CLOCKWORK ORANGE by Anthony Burgess
56. ON THE BEACH by Nevil Shute
57. A PORTRAIT OF THE ARTIST AS A YOUNG MAN by James Joyce
58. GREENMANTLE by Charles de Lint
59. ENDER'S GAME by Orson Scott Card
60. THE LITTLE COUNTRY by Charles de Lint
61. THE RECOGNITIONS by William Gaddis
62. STARSHIP TROOPERS by Robert Heinlein
63. THE SUN ALSO RISES by Ernest Hemingway
64. THE WORLD ACCORDING TO GARP by John Irving
65. SOMETHING WICKED THIS WAY COMES by Ray Bradbury
66. THE HAUNTING OF HILL HOUSE by Shirley Jackson
67. AS I LAY DYING by William Faulkner
68. TROPIC OF CANCER by Henry Miller
69. INVISIBLE MAN by Ralph Ellison
70. THE WOOD WIFE by Terri Windling
71. THE MAGUS by John Fowles
72. THE DOOR INTO SUMMER by Robert Heinlein
73. ZEN AND THE ART OF MOTORCYCLE MAINTENANCE by Robert Pirsig
74. I, CLAUDIUS by Robert Graves
75. THE CALL OF THE WILD by Jack London
76. AT SWIM-TWO-BIRDS by Flann O'Brien
77. FARENHEIT 451 by Ray Bradbury
78. ARROWSMITH by Sinclair Lewis
79. WATERSHIP DOWN by Richard Adams
80. NAKED LUNCH by William S. Burroughs
81. THE HUNT FOR RED OCTOBER by Tom Clancy
82. GUILTY PLEASURES by Laurell K. Hamilton
83. THE PUPPET MASTERS by Robert Heinlein
84. IT by Stephen King
85. V. by Thomas Pynchon
86. DOUBLE STAR by Robert Heinlein
87. CITIZEN OF THE GALAXY by Robert Heinlein
88. BRIDESHEAD REVISITED by Evelyn Waugh
89. LIGHT IN AUGUST by William Faulkner
90. ONE FLEW OVER THE CUCKOO'S NEST by Ken Kesey
91. A FAREWELL TO ARMS by Ernest Hemingway
92. THE SHELTERING SKY by Paul Bowles
93. SOMETIMES A GREAT NOTION by Ken Kesey
94. MY ANTONIA by Willa Cather
95. MULENGRO by Charles de Lint
96. SUTTREE by Cormac McCarthy
97. MYTHAGO WOOD by Robert Holdstock
98. ILLUSIONS by Richard Bach
99. THE CUNNING MAN by Robertson Davies
100. THE SATANIC VERSES by Salman Rushdie
posted by schazzie at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Random House Modern Library 100 Best Novels

<The Board's List>

1. ULYSSES by James Joyce
2. THE GREAT GATSBY by F. Scott Fitzgerald
3. A PORTRAIT OF THE ARTIST AS A YOUNG MAN by James Joyce
4. LOLITA by Vladimir Nabokov
5. BRAVE NEW WORLD by Aldous Huxley
6. THE SOUND AND THE FURY by William Faulkner
7. CATCH-22 by Joseph Heller
8. DARKNESS AT NOON by Arthur Koestler
9. SONS AND LOVERS by D.H. Lawrence
10. THE GRAPES OF WRATH by John Steinbeck
11. UNDER THE VOLCANO by Malcolm Lowry
12. THE WAY OF ALL FLESH by Samuel Butler
13. 1984 by George Orwell
14. I, CLAUDIUS by Robert Graves
15. TO THE LIGHTHOUSE by Virginia Woolf
16. AN AMERICAN TRAGEDY by Theodore Dreiser
17. THE HEART IS A LONELY HUNTER by Carson McCullers
18. SLAUGHTERHOUSE-FIVE by Kurt Vonnegut
19. INVISIBLE MAN by Ralph Ellison
20. NATIVE SON by Richard Wright
21. HENDERSON THE RAIN KING by Saul Bellow
22. APPOINTMENT IN SAMARRA by John O'Hara
23. U.S.A. (trilogy) by John Dos Passos
24. WINESBURG, OHIO by Sherwood Anderson
25. A PASSAGE TO INDIA by E.M. Forster
26. THE WINGS OF THE DOVE by Henry James
27. THE AMBASSADORS by Henry James
28. TENDER IS THE NIGHT by F. Scott Fitzgerald
29. THE STUDS LONIGAN TRILOGY by James T. Farrell
30. THE GOOD SOLDIER by Ford Madox Ford
31. ANIMAL FARM by George Orwell
32. THE GOLDEN BOWL by Henry James
33. SISTER CARRIE by Theodore Dreiser
34. A HANDFUL OF DUST by Evelyn Waugh
35. AS I LAY DYING by William Faulkner
36. ALL THE KING'S MEN by Robert Penn Warren
37. THE BRIDGE OF SAN LUIS REY by Thornton Wilder
38. HOWARDS END by E.M. Forster
39. GO TELL IT ON THE MOUNTAIN by James Baldwin
40. THE HEART OF THE MATTER by Graham Greene
41. LORD OF THE FLIES by William Golding
42. DELIVERANCE by James Dickey
43. A DANCE TO THE MUSIC OF TIME (series) by Anthony Powell
44. POINT COUNTER POINT by Aldous Huxley
45. THE SUN ALSO RISES by Ernest Hemingway
46. THE SECRET AGENT by Joseph Conrad
47. NOSTROMO by Joseph Conrad
48. THE RAINBOW by D.H. Lawrence
49. WOMEN IN LOVE by D.H. Lawrence
50. TROPIC OF CANCER by Henry Miller
51. THE NAKED AND THE DEAD by Norman Mailer
52. PORTNOY'S COMPLAINT by Philip Roth
53. PALE FIRE by Vladimir Nabokov
54. LIGHT IN AUGUST by William Faulkner
55. ON THE ROAD by Jack Kerouac
56. THE MALTESE FALCON by Dashiell Hammett
57. PARADE'S END by Ford Madox Ford oyce
58. THE AGE OF INNOCENCE by Edith Wharton
59. ZULEIKA DOBSON by Max Beerbohm
60. THE MOVIEGOER by Walker Percy
61. DEATH COMES FOR THE ARCHBISHOP by Willa Cather
62. FROM HERE TO ETERNITY by James Jones
63. THE WAPSHOT CHRONICLES by John Cheever
64. THE CATCHER IN THE RYE by J.D. Salinger
65. A CLOCKWORK ORANGE by Anthony Burgess
66. OF HUMAN BONDAGE by W. Somerset Maugham
67. HEART OF DARKNESS by Joseph Conrad
68. MAIN STREET by Sinclair Lewis
69. THE HOUSE OF MIRTH by Edith Wharton
70. THE ALEXANDRIA QUARTET by Lawrence Durell
71. A HIGH WIND IN JAMAICA by Richard Hughes
72. A HOUSE FOR MR BISWAS by V.S. Naipaul
73. THE DAY OF THE LOCUST by Nathanael West
74. A FAREWELL TO ARMS by Ernest Hemingway
75. SCOOP by Evelyn Waugh
76. THE PRIME OF MISS JEAN BRODIE by Muriel Spark
77. FINNEGANS WAKE by James Joyce
78. KIM by Rudyard Kipling
79. A ROOM WITH A VIEW by E.M. Forster
80. BRIDESHEAD REVISITED by Evelyn Waugh
81. THE ADVENTURES OF AUGIE MARCH by Saul Bellow
82. ANGLE OF REPOSE by Wallace Stegner
83. A BEND IN THE RIVER by V.S. Naipaul
84. THE DEATH OF THE HEART by Elizabeth Bowen
85. LORD JIM by Joseph Conrad
86. RAGTIME by E.L. Doctorow
87. THE OLD WIVES' TALE by Arnold Bennett
88. THE CALL OF THE WILD by Jack London
89. LOVING by Henry Green
90. MIDNIGHT'S CHILDREN by Salman Rushdie
91. TOBACCO ROAD by Erskine Caldwell
92. IRONWEED by William Kennedy
93. THE MAGUS by John Fowles
94. WIDE SARGASSO SEA by Jean Rhys
95. UNDER THE NET by Iris Murdoch
96. SOPHIE'S CHOICE by William Styron
97. THE SHELTERING SKY by Paul Bowles
98. THE POSTMAN ALWAYS RINGS TWICE by James M. Cain
99. THE GINGER MAN by J.P. Donleavy
100. THE MAGNIFICENT AMBERSONS by Booth Tarkington


<翻訳書>


1. Ulysses, James Joyce
 『ユリシーズ』 ジェイムズ・ジョイス
2. The Great Gatsby, F. Scott Fitzgerald
 『華麗なるギャツビー』 F・スコット・フィッツジェラルド
3. A Portrait of the Artist as a Young Man, James Joyce
 『若い芸術家の肖像』 ジェイムズ・ジョイス
4. Lolita, Vladmir Nabokov
 『ロリータ』 ウラジミール・ナボコフ
5. Brave New World, Aldous Huxley
 『素晴らしい新世界』 オールダス・ハクスリー
6. The Sound and the Fury, William Faulkner
 『響きと怒り』 ウィリアム・フォークナー
7. Catch-22, Joseph Heller
 『キャッチ-22』 ジョセフ・ヘラー
8. Darkness at Noon, Arthur Koestler
 『真昼の暗黒』 アーサー・ケストナー
9. Sons and Lovers, D. H. Lawrence
 『息子と恋人』D・H・ロレンス
10. The Grapes of Wrath, John Steinbeck
 『怒りの葡萄』 ジョン・スタインベック
11. Under the Volcano, Malcolm Lowry
 『活火山の下』 ラウリー・マルカム
12. The Way of All Flesh, Samuel Butler
 『万人の路』 サミュエル・バトラー
13. 1984, George Orwell
 『1984』 ジョージ・オーウェル
14. I, Claudius, Robert Graves
 『私、クラウディウス』 ロバート・グレイヴス
15. To the Lighthouse, Virginia Woolf
 『灯台へ』 ヴァージニア・ウルフ
16. An American Tragedy, Theodore Dreiser
 『アメリカの悲劇』 シオドア・ドライザー
17. The Heart Is a Lonely Hunter, Carson McCullers
 『心は孤独な狩人』 カーソン・マッカラーズ
18. Slaughterhouse Five, Kurt Vonnegut, Jr.
 『スローターハウス5』 カート・ヴォネガット・Jr.
19. Invisible Man, Ralph Ellison
 『見えない人間』 ラルフ・エリソン
20. Native Son, Richard Wright
 『アメリカの息子』 リチャード・ライト
21. Henderson the Rain King, Saul Bellow
 『雨の王ヘンダソン』 ソウル・ベロー
22. Appointment in Samarra, John O'Hara
 『サマラの約束』 ジョン・オハラ
23. U. S. A. (Trilogy), John Dos Passos
 『U.S.A.』 ジョン・ドス・パソス
24. Winesburg, Ohio, Sherwood Anderson
 『ワインズバーグ・オハイオ』 シャーウッド・アンダスン
25. Passage to India, E. M. Forster
 『インドへの道』 E・M・フォースター
26. The Wings of the Dove, Henry James
 『鳩の翼』 ヘンリー・ジェイムズ
27. The Ambassadors, Henry James
 『使者たち』 ヘンリー・ジェイムズ
28. Tender is the Night, F. Scott Fitzgerald
 『夜はやさし』 F・スコット・フィッツジェラルド
29. The Studs Lonigan Trilogy, James T. Farrell
 『スタッズ・ロニガン 三部作』 ジェイムズ・T・ファレル
30. The Good Soldiers, Ford Maddox Ford
 『善良な兵士』 フォード・マドックス・フォード
31. Animal Farm, George Orwell
 『動物農場』 ジョージ・オーウェル
32. The Golden Bowl Henry James
 『黄金の盃』 ヘンリー・ジェイムズ
33. Sister Carrie, Theodore Dreiser
 『シスター・キャリー』 シオドア・ドライザー
34. A Hundful of Dust, Evelyn Waugh
 『一握の塵』 イーヴリン・ウォー
35. As I Lay Dying, William Faulkner
 『死の床に横たわりて』 ウィリアム・フォークナー
36. All the King's Men, Robert Penn Warren
 『すべての王の臣』 ロバート・ペン・ウォーレン
37. The Bridge of San Luis Rey, Thornton Wilder
 『サン・ルイス・レイの橋』 ソーントン・ワイルダー
38. Howard's End, E. M. Forster
 『ハワーズ・エンド』 E・M・フォースター
39. Go Tell it on the Mountain, James Baldwin
 『山にのぼりて告げよ』ジェイムズ・ボールドウィン
40. The Heart of the Matter, Graham Greene
 『事件の核心』 グレアム・グリーン
41. The Lord of the Flies, William Golding
 『蠅の王』 ウィリアム・ゴールディング
42. Deliverance, James Dickey
 『救出』 ジェイムズ・ディッキー
43. A Dance to the Music of Time (series), Anthony Powell
 『時の音楽のなかの舞踏』 アンソニー・パウエル
44. Point Counter Point, Aldous Huxley
 『恋愛対位法』 オールダス・ハクスリー
45. The Sun Also Rises, Ernest Hemingway
 『日はまた昇る』 アーネスト・ヘミングウェイ
46. The Secret Agent, Joseph Conrad
 『密偵』 ジョセフ・コンラッド
47. Nostromo, Joseph Conrad
 『ノストローモ』 ジョセフ・コンラッド
48. The Rainbow, D. H. Lawrence
 『虹』 D・H・ロレンス
49. Women in Love, D. H. Lawrence
 『恋する女たち』 D・H・ロレンス
50. Tropic of Cancer, Henry Miller
 『南回帰線』 ヘンリー・ミラー
51. The Naked and the Dead, Norman Mailer
 『裸者と死者』 ノーマン・メイラー
52. Pornoy's Complaint, Philip Roth
 『ポートノイの不満』 フィリップ・ロス
53. Pale Fire, Vladmir Nabokov
 『青白い炎』 ウラジミール・ナボコフ
54. Light in August, William Faulkner
 『八月の光』 ウィリアム・フォークナー
55. On the Road, Jack Kerouac
 『路上』 ジャック・ケルアック
56. The Maltese Falcon, Dashiell Hammett
 『マルタの鷹』 ダシール・ハメット
57. Parade's End, Ford Maddox Ford
 『パレードの終わり』 フォード・マドックス・フォード
58. The Age of Innocence, Edith Warton
 『エイジ・オブ・イノセンス』 イーディス・ウォートン
59. Zuleika Dobson, Max Beerbohom
 『ズレイカ・ドブソン』 マックス・ビアボウム
60. The Moviegoer, Walker Percy
 『映画ファン』 ウォーカー・パーシー
61. Death Comes for the Archibishop, Willa Cather
 『死を迎える大司教』 ウィラ・キャザー
62. From Here to Eternity, James Jones
 『地上より永遠に』 ジェイムズ・ジョーンズ
63. The Wapshot Chronicles, John Cheever
 『ウォップショット年代記』 ジョン・チーヴァー
64. The Catcher in the Rye, J. D. Salinger
 『ライ麦畑でつかまえて』 J・D・サリンジャー
65. A Clockwork Orange, Anthony Burgess
 『時計じかけのオレンジ』 アントニー・バージェス
66. Of Human Bondage, W. Somerset Maugham
 『人間の絆』 ウィリアム・サマセット・モーム
67. Heart of Darkness, Joseph Conrad
 『闇の奥』 ジョセフ・コンラッド
68. Main Street, Sinclair Lewis
 『本町通り』 シンクレア・ルイス
69. The House of Mirth, Edith Warton
 『歓楽の家』 イーディス・ウォートン
70. The Alexandria Quartet, Lawrence Durrell
 『アレクサンドリア四重奏』 ロレンス・ダレル
71. A High Wind in Jamaica, Richard Hughes
 『ジャマイカの烈風』 リチャード・ヒューズ
72. A House for Ms. Biswas, V. S. Naipaul
 『ビスワース氏の家』 V・S・ナイポール
73. The Day of the Locust, Nathaniel West
 『イナゴの日』 ナサニエル・ウェスト
74. A Farewell to Arms, Ernest Hemingway
 『武器よさらば』 アーネスト・ヘミングウェイ
75. Scoop, Evelyn Waugh
 『スクープ』 イーヴリン・ウォー
76. The Prime of Miss Jean Brodie, Muriel Spark
 『ミス・ブロディの青春』 ミュリエル・スパーク
77. Finnegans Wake, James Joyce
 『フィネガンズ・ウェイク』 ジェイムズ・ジョイス
78. Kim, Rudyard Kipling
 『少年キム』 ラドヤード・キプリング
79. A Room with a View, E. M. Forster
 『眺めのいい部屋』 E・M・フォースター
80. Brideshead Revisited, Evelyn Waugh
 『ブライヅヘッドふたたび』 イーヴリン・ウォー
81. The Adventure of Augie March, Saul Bellow
 『オーギー・マーチの冒険』 ソウル・ベロー
82. Angle of Repose, Wallace Stegner
 『アングル・オブ・リポーズ』 ウォレス・ステグナー
83. A Bend in the River, V. S. Naipaul
 『暗い河』 V・S・ナイポール
84. The Death of the Heart , Elizabeth Bowen
 『心の死』 エリザベス・ボウエン
85. Lord Jim, Joseph Conrad
 『ロード・ジム』 ジョセフ・コンラッド
86. Ragtime, E. L. Doctorow
 『ラグタイム』 E・L・ドクトロウ
87. The Old Wives' Tale, Arnold Bennett
 『老妻物語』 アーネルド・ベネット
88. The Call of the Wild, Jack London
 『野生の呼び声』 ジャック・ロンドン
89. Loving, Henry Green
 『愛する』 ヘンリー・グリーン
90. Midnight's Children, Salman Rushdie
 『真夜中の子供たち』 サルマン・ラシュディ
91. Tobacco Road, Erskine Caldwell
 『タバコ・ロード』 アースキン・コールドウェル
92. Ironweed, William Kennedy
 『アイアンウィード』 ウィリアム・ケネディ
93. The Magus, John Fowles
 『魔術師』 ジョン・ファウルズ
94. The Wide Sargasso Sea, Jean Rhys
 『サルガッソーの広い海』 ジーン・リース
95. Under the Net, Iris Murdoch
 『網のなか』 アイリス・マードック
96. Sophie's Choice, William Styron
 『ソフィーの選択』 ウィリアム・スタイロン
97. The Sheltering Sky, Paul Bowles
 『シェルタリング・スカイ』 ポール・ボウルズ
98. The Postman Always Rings Twice, James M. Cain
 『郵便配達は二度ベルを鳴らす』 ジェイムズ・M・ケイン
99. The Ginger Man, J. P. Donleavy
 『赤毛の男』 J・P・ドンレヴイ
100. The Magnificient Ambersons, Booth Tarkington
 『すばらしいアンバソン家の人びと』 ブース・ターキントン
posted by schazzie at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | 文化 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年09月06日

環境危機時計 最悪の9時31分

たったひとつしかない地球の上で、各国の損得など無意味だし、地球が壊れれば、自分たちも生きていられないことくらい、小学生にだってわかる。

政治家には不都合な真実かもしれないが、人類にとっては深刻な真実。自分の国さえ、あるいは自分さえ良ければいいなどという考えは、一切通用しない。

自分のことしか考えられない政治家にはまかせておけない地球の危機。人類ひとりひとりが、ひとつずつでもいいから、今できることをやって欲しい。やらなくてはならない!と強く思う。
posted by schazzie at 12:51| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月20日

名作へのお誘い

新宿三丁目ショットバーHABANAからのお知らせ♪

★☆★☆★☆★

今月、キューバ不朽の名作『低開発の記憶‐メモリアス』が上映されます。舞台は1961年首都ハバナ、革命からキューバ危機へむかうまでをドキュメンタリー映像を交え鋭く描く、これぞキューバ映画の原点!

●5月26日(土)より
●連日21:10(終映22:50)レイトショーのみ
●渋谷ユーロスペースにて
●チケットは\1.400
新宿三丁目HAVANAにて絶賛好評発売中!

6月いっぱいは上映しています。あとは動員しだいでロングラン。女性がたった一人で配給、宣伝、営業しています。ぜひ観に行ってください。皆様宜しくお願い致します!

★☆★☆★☆★
posted by schazzie at 02:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月09日

とあるゲイの言葉

少しずつ、やりたいことを全部やるには、ひとつの身体と24時間では、収まりきらなくなる。やりたいことはやる。やりたいのだから仕方ない。こうなると、優先順位の一番低いものを手放すしかない。


※私にとって、優先順位の一番低いものって何だろう?考えてしまうのがちょっと怖いかも…( ̄m ̄;)
posted by schazzie at 18:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

とあるモデルの言葉

前をまっすぐ向いて笑顔でいることが、チャンスと出会う最高の方法。晴れの日も曇りの日も雨の日も…。
posted by schazzie at 17:31| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドイツの哲学者の格言

天まで伸びる樹は、その根を地獄に下ろさなければならない。
posted by schazzie at 17:25| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月04日

木星の衛星イオで噴火

070304_2231~001.jpg木星の衛星イオで3つの火山が同時に噴火している画像が公開された。北極付近の噴出物は、290q上空にまで達している。

これを撮影したのはNASAの冥王星探査機ニューホライズンズ。実はこの探査機には、私とダー、亡き父を含む私の家族の名前が積み込まれている。

宇宙に興味がない人には、だから何?という感じだろうが、これは私の名前が愛する人達と一緒に、たった今宇宙旅行をしているということなのだ。

今後、ニューホライズンズは太陽系を飛び続け、2015年に冥王星に到着。小惑星のカイパーベルトを通り過ぎた後、外宇宙へと飛び出し、果てのない旅を続ける。

未来のいつか、広大な宇宙のどこかで、私と私の愛する人達の名前が誰かの目に触れることを信じて…。

ミ★Bon Voyage!
posted by schazzie at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月02日

午後の月

061202_1624~001.jpg今日は昼間から月が出ていました(ビルの左上)。肉眼でどんなに大きく見えても、写真に撮ると小さくて…。月が球体でなく平面に見えるのは、月の表面の物質が光の屈折を変えてしまうからとか。なるほど。
posted by schazzie at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月30日

またもずさんな社会保険庁

払ったはずの厚生年金の保険料が未納ということで5万円近い請求書が来た。私は一応主婦だから、夫の会社から差し引かれているはずなので、会社に問い合わせたら、ちゃんと支払っているとのこと。

夫が新宿の社会保険事務所に行って問い合わせた結果、1時間近く待たされたのち、会社の本社がある藤沢の社会保険事務所のミスであることが発覚。

社会保険事務所の不祥事がたくさん取り沙汰されている中で、支払いを記録する程度の簡単な業務さえもミスするとは、どれだけ徹底的に社会保険庁がたるんでいるかということに他ならない。

他にどれだけ間違いがあるのやら、まるで全く心底信用できない。支払いの記録はし忘れるくせに、間違った請求のほうには力を入れるなど、国民をなんだと思っているのか。

民間の会社が同じことをしたら大変なことになるだろう。これだけ社会で騒がれていながら、結局何の改革もされていない社会保険庁。一体どうしてくれようか!全く怒りが収まらない。

国民一人一人が毎月確認に行くくらいのことをしないと、事態の重大さには気付かないのかもしれないが、国民はそれほど暇じゃない。泥棒と言われたくなければ、社会保険庁のほうから領収書くらい送って来い!でなきゃ安心してこの国では暮らしていけないじゃないか。
posted by schazzie at 23:14| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。